千葉台風関連の記事一覧

TOP > 社会 > 三浦雄一郎さんから同世代へ「やってみようの気持ちに」:朝日新聞デジタル

三浦雄一郎さんから同世代へ「やってみようの気持ちに」:朝日新聞デジタル

15コメント 登録日時:2018-11-11 07:22 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 人間の肉体はどんな可能性を秘めているのか。冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さんが86歳で標高約7千メートルの頂をめざす。平均寿命を超え、心臓に持病を抱えたなかでの挑戦は、超高齢化社会への勇気と希望…...

Twitterのコメント(15)

朝日新聞さん @asahi に三浦雄一郎校長の記事が掲載されています!校長が「超高齢化社会への勇気と希望」として同世代方にエールを送っています!📰
10数年前、水沢のZホールで講演を聴いたときも凄い人だなと思ったけど、御歳86でさらなる高みへ行こうとするなんて。
お身体に気を付けて、セサミン飲んで是非とも達成して欲しいと思います。
凄いね、。→
三浦さんは無理しすぎな気もするけど、下の世代である私も「やりたいことは出来るうちにやらないと」と奮起させられる。まず70代になっても旅が出来る身体をつくらねば。
86歳の冒険家三浦雄一郎さんが来年1月、南米最高峰の登頂とスキー滑降をめざします。心臓に持病を抱えたなかでの挑戦。三浦さんが同世代に向けて送るメッセージとは。
不整脈があってもこれだけのことができるということ。三浦氏はカテーテルアブレーションを何度もやっているらしい。
86歳のさらなる挑戦に拍手!…
86歳なのにすごいね!!
三浦雄一郎
もうええ加減にセェや(´・_・`)
ふぁ????
来年1月に南米最高峰アコンカグアの登頂とスキー滑降??
理解できぬ笑
スゴイなぁ。尊敬する。折れない心の持ち主だと思う。
まだやるんだ.....
以上

記事本文: 三浦雄一郎さんから同世代へ「やってみようの気持ちに」:朝日新聞デジタル

関連記事