TOP > 社会 > 朝日新聞デジタル > 南米最高峰に挑む...

南米最高峰に挑む三浦雄一郎さん 年齢・持病との闘い:朝日新聞デジタル

16コメント 登録日時:2018-11-10 17:50 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(86)が来年1月、南米大陸最高峰アコンカグア(標高6962メートル)の登頂とスキー滑降に挑む。80歳で世界最高峰エベレスト(8848メートル)に登頂した三浦さ…...

Twitterのコメント(16)

手取り足取り、負んぶに抱っこ。
@1989daichi 登山家の三浦雄一郎さんなんて、86才にして、肉1kg息子と食べて、南米最大のアコンカグアを来年目指すんだって✨それに比べれば、まだまだ若いし余裕でしょ😄休みなんで、マッスルしてきます💪
ようやく恵みの雪。本日は札幌近郊でトレーニング登山。雪を求めて出掛けます。
年齢は関係ないんだなあと思う。本当に。
三浦雄一郎校長のアコンカグア挑戦が、朝日新聞さんに掲載されています!
おおお、応援する!
こりゃまた凄いことにチャレンジすんのね。まだ準備段階とはいえ、ご家族は気が気じゃないだろうな…。
年齢・持病との闘い すごいとしか言いようが… 神が神に挑戦。成功を祈ります
三浦雄一郎さん(86)が来年1月、南米大陸最高峰アコンカグア(標高6962メートル)の登頂とスキー滑降に挑む。80歳で世界最高峰エベレスト(8848メートル)に登頂した三浦さんは「自分の可能性を広げたい」と意欲を見せている。
錚々たるメンバーだから大丈夫だとは思うが、このままだと畳の上では死なないんじゃないのか。
86歳で冒険家という肩書を持つ人に私は会ったことがありません。これまでも様々な冒険から生還してきたからこそ、 #アコンカグア に挑むことができるのでしょうが、並大抵ではない…。

#南米最高峰 に挑む #三浦雄一郎 さん
おんぶに抱っこで登頂するんでしょう。前回同様。
@motokikaneko さんから企画を初めて聞いた時、「ア、アコンカグア?…あ!イモトさんの…!(ピッカーン)」となった後「三浦さんておいくつだっけ…」となりました。ぜひ成功していただきたいです。九州最高峰の山々の中で育った私も黒子でいろいろ動きます。←黒子感ゼロ。
三浦先生に不可能という文字はない
生きる教科書、見本、手本、鏡です。
86歳の冒険家、さんが来年1月、南米最高峰アコンカグアに挑戦。金子元希記者 @motokikaneko が同行取材します。事前準備の様子からツイッターで積極発信するそうですので、ぜひフォローお願いします!→ 南米最高峰に挑む三浦雄一郎さん:朝日新聞デジタル
86歳の挑戦→
以上

記事本文: 南米最高峰に挑む三浦雄一郎さん 年齢・持病との闘い:朝日新聞デジタル

関連記事