TOP > 社会 > 消費増税ポイント還元、課題が課題呼ぶ 業者から悲鳴も:朝日新聞デジタル

消費増税ポイント還元、課題が課題呼ぶ 業者から悲鳴も:朝日新聞デジタル

 来年10月の消費増税の対策として、政府が検討しているポイント還元策の仕組みづくりが難航している。制度の対象となる中小事業者の線引きが難しいうえ、キャッシュレス決済の種類も様々。大手カード会社からは必…...

ツイッターのコメント(10)

ポイント還元制度とか、個人商店は、導入、利用できないし、大手有利な制度やめてほしい。大手は、儲かってるんだから、いいじゃん。なんか、超大手達が進める電子決済誘導してるようで嫌。
これが消費増税への、日本国民の率直な思いの表れだ。消費増税には、色々な問題があるだけではなく、日本に景気悪化を招く。増税案さっさと取り下げろ!!

『 業者から悲鳴も  朝日新聞』
どうしてこんなアホなことを本気で進めようとするのでしょうか。

還元するなら増税やめればいいのに。

増税するならガッツリ徴収してもらいたいです!
経産省が描いたのは「一石二鳥」の青写真でした。けれど今の懸念は「キャッシュレス化と消費増税対策という全く目的が異なるものが一緒になり、話が複雑になっている」という記事中の声→
スイカでもくばれくばればらまけ
消費税増税は意義がわからなくもないけど、その緩和策が複雑でコスパも悪そう。/
経産省って役人から大臣まで揃いも揃って、なんでこんななんだろう。初期導入費用への補助金とキャッシュレス売上への税額控除でいいでしょ。
もうむちゃくちゃ。対象が中小小売店で,しかも「制度への参加が任意」と言っている時点で,そんなの国がやる政策でも何でもない

>
「大手証券アナリストは「キャッシュレス化と消費増税対策という全く目的が異なるものが一緒になり、話が複雑になっている」。制度の細部を詰めようとすればするほど、新たな課題が噴き出している」|11/7朝日: 業者から悲鳴も
やはり、この小手先策は甚大な災害である。公明党への配慮がそんなに大事か。やめるべきだ。~
以上
 

いま話題のニュース

PR