TOP > 社会 > 海自護衛艦、南シナ海で米艦から給油 中国駆逐艦が追尾:朝日新聞デジタル

海自護衛艦、南シナ海で米艦から給油 中国駆逐艦が追尾:朝日新聞デジタル

 南シナ海やインド洋周辺を長期航海中の海上自衛隊の護衛艦「かが」と「いなづま」が25日、ベトナム南方沖の南シナ海で米軍の補給艦ペコスから燃料の洋上補給を受けた。記者が「かが」に乗船し取材した。2隻は未...

ツイッターのコメント(41)

もうちょいで帰国ですな。
なんか知らん間に自衛隊ってどこまでも行ってる感なんだけど、事が起こったらヤバイよ!
🔶海自初の「インド太平洋方面派遣訓練」
🔶(8月から)フィリピン、インドネシア、スリランカ、インド、シンガポールの各国海軍と共同訓練🔶

え、日本は米軍以外と安保条約結んでたっけ!?
領土領海からもえらく遠いやん …
これらは国会で審議しなくてもいいの?(・・;)
➡「経済協調↔軍事対峙」の中国


安倍晋三首相は25日から中国を訪問。26日には習近平国家主席らとの会談が予定されているが、洋上では、日米と中国との「対峙」が浮き彫りになった。
支那(中国)は戦争がしたくてたまらないのだろうね。
5キロか
この前は近づけすぎて米国への宣戦布告になりかけたからヘタレたのね
何が日中友好だよ。実態はこれ。擦り寄りはただのポーズにすぎない。
@AbeShinzo 今すぐ帰るべきです。
舐めた真似してくれるじゃないか
朝日新聞は何でわざわざ「習近平(シーチンピン)国家主席」と書くんだろ。
朝日ゴミ新聞、見出しがC国の手先目線。

早く潰れろ。
日本🇯🇵とアメリカ🇺🇸が世界を守る‼︎
日本の首相が中国を公式訪問するその日に、南中国海の海上でで日米両海軍が洋上給油を演出して、中国海軍と睨み合いしていたとは…。日本政府の本音がどちらにあるのかは言うまでもないだろう。
この日未明から、2隻は中国海軍のリューヤンⅡ級ミサイル駆逐艦「蘭州」の追尾を受けている。給油中、蘭州は日米の艦艇と約5キロの距離まで近づいてくる場面もあった。
補給する側だけでなく受ける方も♬
日米統合軍、万歳🙌
日本も加わりはじめた🙄
嘗めとるな支那海軍💢💢💨
中国駆逐艦が追尾(朝日新聞デジタル)  チハ「仲間がいるのが羨ましいのかな( ・◇・)?」
中国、米、日 艦船が南シナ海で対峙。
海自護衛艦、南シナ海で米艦から給油、
外交とは駆け引きだと思う
安倍首相の訪中に併せるかのように実施された訓練
日米安保の絆を中国に見せる結果に
中国は弱いと思った時にしか攻めてこない
前回の潜水艦訓練に引続き公開されたのは
無言のメッセージ
なぜ鍵付き記事?朝日さん【 】
朝日新聞煽る煽るw
近っ!?そして気になるのは米→日やその逆は燃料代どうしてるのかね?
仲良しの日米にストーカーする中国って感じで不気味ですね。
ゲーム「大航海時代Online」では、追尾してくる海賊船に機雷を撒いて撃沈するんだが、こういうストーカーみたいな奴らも沈めたい。
そのうち、RAS中に繋がってるプローブめがけて突っ込んでくるぐらいの挑発ありそう
/
所感。
人が飯食ってるのに見てんじゃ無いよ😅
そんな感じ😆
朝日新聞の報道だと事実かどうか疑ってしまう。笑
今年は空中じゃないし、ばからい菊川側じゃないから無茶してないし
第2赤旗と呼ばれる朝日新聞は何を言いたいのか?私は敗戦後1年で米軍が
作った戦力、交戦権をもたない日本国は依然として米軍の統治下にある実像を見る。改憲せず自衛隊を持つのは占領が続くと言う事
記者が海自ヘリに乗って撮影までしてる。 /
中国訪問の意味がわかりません、スワップ再開で中国に栄養を与え、日本が得する事がありますか?
戦争法適用事例。南シナ海まで行って中国進出妨害。アメリカのポチ。
……かがが出てから嫌な感じはずっとしてる。今の気持ちをうまく表現する言葉を知らない…。
習近平(シーチンピン)国家主席らと~
いつ名前変えた?
安倍政権、訪中の最中に日米海上合同訓練。
安倍政権、バカなのか高等な戦略なのか。
安倍政権、やっぱりバカでしょ♪( ´θ`)ノ
監視かでの給油かなぁ👹
>南シナ海やインド洋周辺を長期航海中の海上自衛隊の護衛艦「かが」と「いなづま」が25日、ベトナム南方沖の南シナ海で米軍の補給艦ペコスから燃料の洋上補給を受けた。
中国駆逐艦が追尾(朝日新聞
安倍晋三首相は25日から中国を訪問。26日には習近平国家主席らとの会談が予定されているが、洋上では、日米と中国との「対峙」が浮き彫りになった。

朝日新聞がこんな事実報道してる事が驚き。
餌やった野良犬みたいについてくる訳ですな。日中平和友好条約の覇権条項違反と違いますか。
この前は海自から米艦に補給したし、同盟国として相互に慣れておく必要があるだけやろ。隠すつもりもない。「中国軍艦艇の「監視下」での給油」とは大げさな…。>
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR