TOP > スポーツ > 乙黒が日本男子最年少優勝 レスリング世界選手権 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

乙黒が日本男子最年少優勝 レスリング世界選手権 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

10コメント 登録日時:2018-10-23 02:25 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 レスリング世界選手権の第3日は22日(日本時間23日未明)、ブダペストであり、男子フリースタイル65キロ級で初出場の19歳10カ月、乙黒拓斗(山梨学院大)が決勝でインド選手を破り、日本男子最年少優勝…...

ツイッターのコメント(10)

女子も含めた最年少王者
①伊調馨 18歳5カ月 2002年
②19歳10カ月 2018年
③高田裕司 20歳6カ月 1974年
④富山英明 20歳9カ月 1978年
ちなみにカレリンはソウル五輪で初王者、21歳の誕生日の前日だった。
子供の頃から知ってる子がこれからスターになっていく。他の子の分まで頑張ってほしいし、他の子も頑張ってほしい。
以下、乙黒くん乙 禁止
また面白い存在が出てきたな
かつてはお家芸とまで言われメダルを量産していたレスリングは、もともと男子のみの競技。女子が五輪種目となって以降、女子の活躍が目立つ一方、男子は低迷。久しぶりに男子に強烈な若手選手が現れた。スター候補としても、しっかり育てて欲しい。
お、凄いのが出てきたな。~
以前、母校の監督と彼について話をしてました。
彼の動きは天才的。
一体、どこまで強くなるのか。

 レスリング世界選手権:朝日新聞デジタル
レスリング世界選手権男子フリースタイル。
乙黒選手が金メダル❗高橋選手、松本選手が銅メダル❗これは本当に凄い快挙です‼️
#レスリング #世界選手権 乙黒拓斗選手が快挙です。
以上

記事本文: 乙黒が日本男子最年少優勝 レスリング世界選手権 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル