TOP > 社会 > 近大マグロ養殖の課題 浮上死や沈降死、稚魚生存率1割:朝日新聞デジタル

近大マグロ養殖の課題 浮上死や沈降死、稚魚生存率1割:朝日新聞デジタル

10コメント 登録日時:2018-10-31 12:22 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 近畿大学水産研究所(白浜町)が、世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功して16年。「近大マグロ」として出荷され、商品化も進んでいる。しかし、完全養殖にはいまだ様々な課題があるという。 同研究所は20…...

ツイッターのコメント(10)

水産養殖は、生残率が低くて、かなりの消耗率なんですね。
興味深いね。「浮上死」も「沈降死」も奇妙に思える。>
#近大 #マグロ 養殖にはいろいろな課題があるそうです。
「もう一つの死因に浮遊物を食べてしまう「誤飲」があるが、いけすに防除ネットを設置しても効果がなく、「現時点で抜本的な対策はない」と打ち明けた。こうした誤飲はマダイやカンパチなどの養殖では発生せず、なぜクロマグロだけに起きるのか原因はわかっていないという。 」
養殖の難しさが伝わってくる。
“孵化(ふか)直後の赤ちゃんの死因として、水槽の表面張力に引っ張られて動けなくなる「浮上死」と、夜間に泳ぎを止めて沈み、底面と接触して傷つく「沈降死」の二つ” / “クロマグロ養殖の課題 浮上死や沈降死、稚魚生存率1割:朝日新聞…”
世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功して16年。「近大マグロ」として出荷され、商品化も進んでいる。しかし、いまだ様々な課題があるという。
朝日新聞10/31:近畿大学水産研究所(白浜町)が、世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功して16年。「近大マグロ」として出荷され、商品化も進んでいる。しかし、完全養殖にはいまだ様々な課題があるという →
クロマグロ養殖の課題 浮上死や沈降死、稚魚生存率1割
以上

記事本文: 近大マグロ養殖の課題 浮上死や沈降死、稚魚生存率1割:朝日新聞デジタル