TOP > 社会 > 「怪文書」判断間違えて…積水ハウスと地面師のやりとり:朝日新聞デジタル

「怪文書」判断間違えて…積水ハウスと地面師のやりとり:朝日新聞デジタル

 住宅メーカー積水ハウス(大阪市)が購入しようとした土地について虚偽の書類を使って名義変更をしようとしたとして、「地面師」といわれるメンバーが警視庁に逮捕された。経営トップの責任問題に波及し、問題の土…...

ツイッターのコメント(12)

詐欺をした金も海外に分散させたから還ってこないだろう。犯人は数年でシャバに出て海外で優雅な生活をおくるかも
「積水ハウス…4月…18日には当時社長だった阿部俊則会長が現地を視察…20日に社長決裁…パスポートも偽造だったが見抜くことができず、同社は24日に売買契約を結び、手付金約14億円を支払った」|10/16朝日:「怪文書」判断間違えて…積水ハウスと地面師のやりとり
「同社の顧問弁護士からは「所有者」を名乗る女について知人による本人確認をするよう助言も受けたが、「所有者の機嫌を損ねる」と見送った。」
字面氏か〜。
積水の事件でも、犯行グループの一部とみられる人間が逮捕されたようです。とはいえ、支払った代金は戻ってこないでしょう。
不審な点あったが…「地面師」、積水ハウスだました手口
詐欺師の手口どうこうよりも、会社の決定過程が酷すぎる。なんで止められなかったんやろ。
犯罪はいけないことですが、頭を使えば大企業相手に勝てることもあるのですね。
「怪文書」判断間違えて…積水ハウスと地面師のやりとり
不審な点あったが…「地面師」、積水ハウスだました手口:朝日新聞デジタル
ちょ、現場、五反田海喜館だったのかよ!!(笑)
トップダウン決済の怖さ。/
不審な点あったが…「地面師」、積水ハウスだました手口:朝日新聞
不審な点あったが…「地面師」、積水ハウスだました手口:朝日新聞デジタル
映画になりそう
以上
 

いま話題のニュース

PR