TOP > 社会 > 止まらぬ石炭火力発電 「事業者はリスクに気付いて」:朝日新聞デジタル

止まらぬ石炭火力発電 「事業者はリスクに気付いて」:朝日新聞デジタル

■エネルギーを語ろう 温室効果ガスの巨大発生源となる石炭火力発電所。じつは日本国内で石炭火力発電所の建設ラッシュが起きています。早急に歯止めをかけるべきだと訴える環境NGO「気候ネットワーク」の東京事...

ツイッターのコメント(49)

原発動かすな、電気代あげるな、太陽光発電の電気を高く買えって言ったらそうなるに決まってるじゃん。バカなの?
菅直人と愉快な仲間たちに言えよ。

友人の桃井貴子さんのインタビュー。多くの方に読んでいただけると嬉しいです。【止まらぬ石炭火力発電「事業者はリスクに気付いて」】
カーボンプライシングみたいな具体案を進次郎が言えたら揶揄されなかったんかな。 |
「英仏カナダは、石炭火力を2030年までにゼロにする方針。それに対して、安倍政権は2030年度の電源構成で打ち出した石炭火力26%という数字を変えようとしません。パリ協定に逆行し、国際社会からみれば非常識」
石炭火力発電といえば最近は「安い」「クリーン」などと聞くようになってきましたが→
エネルギー関係は、黒い。怖いなあ
重要なので改めて)
@atrupar ワオ!名指しだ!
😭😭😭😭
ぜんぶ が悪い / “ 「事業者はリスクに気付いて」:朝日新聞デジタル”
石炭火力発電大国のドイツについては完全スルーなのが笑える。  »
うーん。この人は化学をちゃんと勉強して言ってるんだろうか?と思ってしまう。最も、マスコミというクッションが入っているから真意を曲げられて報道されている可能性もある訳だけど。
「事業者はリスクに気付いて」|朝日新聞 「環境アセスの対象は11.25万KW以上なのですが、50基のうち20基近くが、11.2万KWの計画です。まさに『アセス逃れ』で、数年かかるアセスのプロセスが省け、すごい速いスピードで建設が進みつつあります」
原子力も駄目、石炭火力もNO、で、安定した電力供給のためにどうすれば良いかも述べない。本当に無責任だと思う。
---
カルト記事やん
ちょっ…アサヒどうしたん(^◇^;)
事業者「ならば原発の再稼働を許してクレメンス・・・」
LNGは最近価格落ち着いたけど3,4年前は倍ぐらいしてたんだよなあ。「一択」にするとモロに影響被るぞ / “ 「事業者はリスクに気付いて」:朝日新聞デジタル”
だから原発が必要なんだよ!
喧嘩売ってんのかこの野郎!
二酸化炭素の排出量は最新の石炭火力でも天然ガス(LNG)火力の2倍もあるそうだ···
だからさっさと原発を動かせと。何やったってゼロリスクはないんだから。
<石炭利用は一貫して増え続け、震災前、石炭火力は100基以上を数え、全設備容量は約4200万キロワットに…。京都議定書の翌年の98年に比べ約6割増です。震災後、そこにさらに50基の計画が持ち上がった>
震災後、原発を止めた東電が「安い電源」として目を付けたのが、石炭火力発電所。国内の建設ラッシュを、環境NGOはどう見ているのか。小森記者の
「エネルギーを語ろう」シリーズ記事2回目です
石炭火力減らすなら原発増やすしかないんだけど、それで良いかな?
「じつは日本国内で石炭火力発電所の建設ラッシュが起きています」

いやいや、誰のせいだと思ってんねん。
石炭火力はCO2排出量が多く環境負荷は高いが東電が安い売電価格提示で環境アセスメントをかいくぐる低出力・高環境負荷石炭火力が大量建設中で問題との指摘。
「今の石炭火力はクリーン」といわれますが、それでも大気汚染物質の排出があります。2012年以降の新規建設計画は50基!これほどのラッシュは日本のみ。うち7基は中止になりましたが、今後は・・・?
→CO2削減のためには原子力発電が一番適しているのを認めることができない や日本社会の限界を感じる。
「石炭はそもそも炭素の含有量が多いので、どんなに高効率にしても大量の二酸化炭素が出てしまいます。最新式の石炭火力でも、その排出量は天然ガス(LNG)火力のほぼ倍です。
だからこそ、温暖化対策では、まっさきに石炭火力を止めていくべきなのです」(本文から引用)
原発と石炭火力を一緒にして『ベースロード電源』とした位置づけは、国際社会からみれば非常識と言わざるを得ません。←で、どうすりゃええのさ?
この話の流れで原子力発電に触れることができない記事に何の価値があるのかという印象はある
原子力発電に総論として反対でもいいけど、読者に然るべき情報提供はするべきなのでは
原子力は経済合理性が低いのが弱点だと思うのだけど、"一時の値段の安さだけで判断できないと考えます"と仰るなら仕方無いですね。原子力で、
  ↓
『石炭はクリーンじゃないのでやめます。ただし電気代は倍になります。』ってことなら安い方がいいけどな。
CO2を大量に排出する石炭火発は止めろ!ただし原発はダメ!再エネ推進!電力自由化して値下げだ!需給崩壊による停電は電力会社の責任だ!
整合性ゼロなんだけどいったいどうしろと。
「二酸化炭素の排出を抑制する手立てはどんなものがありますか。」——答「原子力発電」なんだよなあ。
(朝日)

東日本大震災の翌年の2012年から今年9月末までの期間で、計50基・約2300万キロワットの計画。
稼働済8基、建設中15基。地元の反対などで中止7基。
環境アセス終了5基、環境アセス中12基、不明3基

(ほ〜)
だから温暖化と原発事故の、どっちのリスクを受容するかなんだわ。
 ゼロリスクの選択肢はないのよ。
だから火発を増やさず再エネを増やせ、という主張らしい
再生可能エネルギーにも相応の問題がある以上は、石炭火力も選択肢の一つだと思う。一番良いのは、原発の再稼働とは思うが。
環境NGO「気候ネットワーク」の桃井貴子さんは、石炭火力発電所の建設ラッシュに対し、「一時の値段の安さだけで判断できない。石炭火力が排出する二酸化炭素が気候変動の要因となって異常気象を招き、さまざまな害をもたらす」と警鐘を鳴らす。
エネルギーを語ろう。小森敦司記者のシリーズ、2回目のインタビューです。
「環境アセスの対象は11.25万Kw以上なのですが、50基のうち20基近くが、11.2万Kwの計画です。まさに『アセス逃れ』で、数年かかるアセスのプロセスが省け、すごい速いスピードで建設が進みつつあります」
石炭火力発電は悪だ!と叫んでる人たくさん居るけど、じゃあその人は再生エネルギーだけで生活してるのかな。排ガス出すタクシーに悠然と乗って、大量に電気使う工場で生産されたおいしい物食べて、生活してると思うんだけどな。
石炭火力も大問題です! 気候ネットワークの桃井さんに話を聞きました →
朝日新聞 聞き手=小森敦司 2018年10月10日(水)11時29分
時代遅れの発電方法に頼らないといけないほど日本の電力事情ってひっ迫してるの?
ホント後進国だわ
気候ネットワーク桃井貴子さんの明解な解説!
確かに安易な石炭火力増設は問題だが、これは脱原発でもある。自然エネルギーに全面転換するのはまだリスクがある。炭素税の考え方は取り入れるべきで、CO2回収技術もあるのだからそれも視野に入れるべきだろう。火力発電は製造も簡単なら廃棄も簡単だ。中継ぎならアリでは。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR