TOP > 社会 > 外国人の子、特別支援学級に多数 障害?日本語の問題?:朝日新聞デジタル

外国人の子、特別支援学級に多数 障害?日本語の問題?:朝日新聞デジタル

 ブラジル人ら外国人が多く住む地域の小学校で、外国人の子どもが日本人より高い比率で障害児らを教える特別支援学級に在籍している問題で、在日ブラジル大使館が独自に調査を始めることがわかった。日本語が十分で…...

ツイッターのコメント(12)

【昨年の今日】「 障害?日本語の問題?」(朝日)
「日本語が十分にできないため、“障害がある”と判断され、特別支援学級の対象とされる例もある」
英語でも、『Why Are So Many Minority Students in Special Education?: Understanding Race and Disability in Schools』て本が ある。
こういう話、知ってる。親は心配だけど、詳しく聞けない(日本語、制度が分からない)。
事実が明らかになれば、何か変わるかも(本来日本がやるべきだけど)。

それに「日本語出来ない=学力低い」訳じゃない。大人も誤解されてる。特にアジア圏出身者は。
「日本人より高い割合で、ブラジル人が障害があるとすれば、支援してもらいたい」。一方、障害はないのに、日本語力が不足するため特別支援学級に入っている例もあるなら、「基準を見直すべきだ」
''ブラジル人ら外国人が多く住む地域の小学校で、外国人の子どもが日本人より高い比率で障害児らを教える特別支援学級に在籍している問題で、在日ブラジル大使館が独自に調査を始めることがわかった。''
障害?日本語の問題?

「ブラジル人ら外国人が多く住む地域の小学校で、外国人の子どもが日本人より高い比率で障害児らを教える特別支援学級に在籍している問題で、在日ブラジル大使館が独自に調査を始めることがわかった。」
"日本語が十分にできないため、「障害がある」と判断され、特別支援学級の対象とされる例もあるという。" 強者マジョリティ側からのコミュニケーション打ち切りがこのような状況を生んでいるのでは。
障害?日本語の問題?  こんなことでは、外国人はとても日本には来てくれません。
ブラジル大使館でブラジル大使や未来工学、群馬県の専門家たちが今日記者会見をして、日本語ができないために謝って自閉症と診断されている例が多いようだと話しました。
"日本人より高い割合で、ブラジル人が障害があるとすれば、支援してもらいたい」。一方、障害はないのに、日本語力が不足するため特別支援学級に入っている例もあるなら、「基準を見直すべきだ」"
以前「特別支援学級は教師の技量の低さをカバーするために使われることもある」みたいなツイートを見たけど、まさにそれって感じ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR