中国「サルの王国」で広がる動物実験 欧米は規制強化へ:朝日新聞デジタル

 動物実験にサルを使う先端医療などの研究で、中国の存在感が増している。 中国南部、雲南省昆明市。この街の中心部から車で約1時間離れた山中に、新しい研究棟が連なっていた。省政府が運営する「雲南中科霊長類...

ツイッターのコメント(14)

犯罪国家人外中共を絶滅させて求めろ! 人類に対する反逆をしている。
医学科学の発展のためなら猿を苦しめ殺して良いとはならないと思います。なぜ動物ならいいのでしょうか?そもそも実験されて良い動物などいない。動物も我々と同じように苦しむのですから。
病気の解明等期待したいけど複雑…。
動物愛護が中国に有るかどうかは動物園に行けばわかる。飼育係は給料のために働く。動物への愛情はないんだろう。>  #パリ #動物園
@RyuRz733375 @yoswata 吉川教授はここに行くといいのにな。
志向的にはあってそう。
中国、アカゲザル・カニクイザルを使った動物実験。
ゲノム編集で望んだ特徴を持つ、デザイナーベイビー誕生。
(ヴィーガン的な医療拒否というのが出てきたり)中国が創薬や臨床研究で「世界のリーダーになりつつある」/サルでしかできない実験もあり、重要性は高まっている/パーキンソン病など発病の経過が解明されつつある / “中国「サルの王国」で…”
モンキーキングダムってモンキーキング孫悟空とかけてるのよ、要するに中共のシルクロード西征と科学の暴走をネパールとチベットのお釈迦様の掌で進化した猿にすぎん人間が「神なんぞおらん」と驕った西遊記に喩えてる
時代は中華だなー。
研究所の掃除夫として雇われたい人生だった。
なんとかしてほしいよ。わざわざ病気にさせて苦しめる。考えただけで耐えられない。
「サルがいる建物だけで70棟以上ある」。職員が指さした壁の向こうには、三角屋根の飼育小屋がずらりと並んでいた……
何故天(あるいは、一神教の神)は、人に”人権”を授け、猿に授けなかったのか。人権概念の恣意性はこういうところからも照射される。【 欧米は規制強化へ:朝日】
中国が創薬や臨床研究で「世界のリーダーになりつつある」とする分析
朝日新聞デジタル
以上
 
PR
PR