カラオケ音源、ネットで無断公開容疑 会社員を書類送検:朝日新聞デジタル

 音楽配信会社(東京都渋谷区)の音源を無断で使ってカラオケ用の動画を作成し、投稿サイトで公開したとして、警視庁は20日、都内の会社員の男を著作権法違反容疑で書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。...

ツイッターのコメント(88)

ふわっちが(表面上)カラオケ配信を禁止している理由を簡単に



JOYSOUND、DAMが製作した音源は『有料』なんです
楽曲を利用していいのは個人の範囲に限られます
プロの歌手がカバー曲を無断で発売すると思いますか?
@uratanoken 事例は異なりますけど逮捕者が出るぐらいの犯罪行為をふわっち運営は「配信者の責任」としているのですから
逃げ得は無いでしょって話になりますよ

 会社員を書類送検:朝日新聞デジタル
@curonet カラオケ業者には著作権はありませんが、著作隣接権という権利があり、これはツイキャスとJASRACの契約ではカバーされません。そのため配信者自身が業者から許可を得る必要があり、さもないと著作権法違反です。
YouTubeですが、音源そのままを配信して訴えられた事例も。
YouTubeはJASRACと提携してるから面倒でも自分で演奏すればいいのに。著作権侵害は気軽にできて再生数増えるから気持ちいいかもしれないけれど、それってアクセル踏んでスピード出しまくるのと変わらない。> 会社員を書類送検:朝日新聞
チャンネル登録者数10万いかなくても800万も稼げるのか…。
<ユーチューブ上では「オリジナル音源なので著作権や著作隣接権的にも安全♪歌ってみたや動画のBGMにお使い頂けます!」などと説明>

明らかにオリジナルではないが。原盤権が分かっていないのか、確信犯なのか。
やっとこさ…だね⁽⁽ƪ(ᵕ᷄⍨˘᷅ )ʃ⁾⁾ ヤレヤレ
作詞者や作曲者ではない音源の作者の許可を得ずに、編集したりSNSにアップしても良い? → No
著作権ガチ侵害で「違法だとは思わなかった」は片腹いたいけど、それよりもここのサイト名、いくつかのVtuberさんの動画見た気がするんだけど・・・?おめシスのは覚えてる・・・
「いよいよ始まったか」となった。
心の鬼は決して許さないからね。
 
PR
PR