枝野氏、米国へ外遊 旧民主党政権の反省踏まえ地ならし:朝日新聞デジタル

 立憲民主党の枝野幸男代表が11日、日米関係を重視する党の姿勢を伝えるため、米国へ出発した。代表就任後、初の外遊になる。旧民主党政権は日米関係をめぐる方針の混乱が失速の一因になったことを踏まえ、米民主...

ツイッターのコメント(49)

この人の米国行きの本当の目的は?何でしょうね?
立憲民主が「変な色気」(アメリカに承認してもらい政権交代)
を出してきたように思えてならない。野党共闘はどうなる?
「米大統領予備選で注目を集めたバーニー・サンダース上院議員と会談する予定だ。」サンダース氏の政策を大胆に丸呑みにすれば良い。それ以外は安倍さんと同じで存在意義はないです。
それだって、「単なる(支持者向けの)ポーズ」の粋を出てなさそうだけどねw…それとも単に、「敵(安倍×トランプ陣営)の敵は味方」だという“思い込み”か何か?(苦笑)>
>>政権交代を見据えれば…

まだ政権取れると思ってるんだ……

 旧民主党政権の反省踏まえ地ならし
うん…。今現在「民主党が悪い!」って言われてることの大多数はデマ(防災対策の遅れとか科学研究の凋落とか…)だけど、基地問題に混乱をもたらしたのは間違いなく鳩山氏だからな…。こういうの重要だと思う。 / “ 旧民…”
枝野さん失敗を生かそうとしてるし、政権与党を見据えた責任あるいいアクションだと思う。期待したい。
…呆れた。

『空港で記者団に「日米同盟重視という基本的な立ち位置を米側に伝えていきたい」と語り、外交政策では現実路線をとる方針を米側に伝えることに意欲を示した』
1/

 旧民主党政権の反省踏まえ地ならし:朝日新聞
政権担当能力示そうとすればするほど、今支持してる人達とは考えに開きが出てくるけどね。
「安全保障法制の整備などを通じて日米関係の強化を図る安倍政権を批判する一方で、「政権交代後」を見すえれば日米関係の安定が政権運営に必須の条件と考えている。」 w / “ 旧民主党政権の反省踏まえ地ならし:朝日新…”
 
PR
PR