TOP > 社会 > 被災住宅の家賃払う必要は? 消費者庁がQ&Aでまとめ:朝日新聞デジタル

被災住宅の家賃払う必要は? 消費者庁がQ&Aでまとめ:朝日新聞デジタル

■暮らしの情報 北海道地震 地震などの災害時に想定される消費者トラブルと対応策20ケースを、Q&A形式の「地震に関連する主な相談例とアドバイス」として消費者庁がまとめた。 「Q:賃貸住宅に住んでいるが…...

ツイッターのコメント(21)

私は熊本地震の際に住んでいたマンションが水漏れし、部屋の中は全てびしょ濡れに。発災後1カ月住める状況になかったのに、フルで家賃請求されたので、震災ADRを使って解決した。

 消費者庁がQ&Aでまとめ(朝日新聞デジタル)
消費者庁に調整能力ないからな。正しいかもしれんが世の中徹底してくれてるわけじゃない。真に受けても痛い目に遭うのがオチ。
なるほどねぇ〜_φ(・_・
ちょっと考えればわかるが、賃貸物件の場合は住民に瑕疵が無い破損は大家が補修する義務がある。
だから震災で住めない場合は当然だが、台風でガラスが割れた、雨漏りしたも直ぐに修理を要求できる。慌てず相談してみよう。
「A:災害で住めなくなった期間の家賃を支払う必要はない」 / “ 消費者庁がQ&Aでまとめ:朝日新聞デジタル”
住めなくなってる住宅の家賃は支払う必要ない(ヾノ・ω・`)ナイナイ あと不具合が出ているなら減額が当たり前です、民法改正されましたんで。ただ、大家も一言ないと把握すらできないんで、ちゃんと知らせましょう。
「Q:賃貸住宅に住んでいるが、被災し住むことができなくなった。家賃を払う必要は?」「A:災害で住めなくなった期間の家賃を支払う必要はない」
日本国内であれば...
天災が起こる事は想定できるが
空室リスク以外にも
こう言う被害もあるよね。

ある程度、地盤が固い所や
海抜ゼロ辺りのダメージデカい
所、避けるのは鉄則🍧🍧🍧


それに加えて、耐震性の高さ
火災の有無とかそこまで考える

天堂
家だけでなく車など貴重なものも知っておいた方がいいかもね
住めないというのがどこまでなのかにもよる。住みたくないという理由かもしれんし。荷物はあるわけで。大家側としたら、請求権はあると考えるかもしれん。災害リスクも背負って賃貸をしましょう!!
減額請求可能じゃなくて当然減額であるべきやと思うんやけどな。その間不動産使えへんわけやし。
「災害で住めなくなった期間の家賃を支払う必要はない」。
住めない賃貸の家賃を払う義務はないからね=^.^=
これ、普通に考えて危険除去のため、契約を一旦解除し敷金を返す、という方向に行くんじゃないかな?引越し費用は天災の場合は貸主に請求できないし。原状回復を貸主に求めるのは酷だし。< 消費者庁がQ&Aでまとめ(朝日新聞デジタル) -
こんなに災害が続くと、とりあえず南海トラフ起こるまで賃貸が良いなって思う。
一生賃貸になる可能性もあるけど、それはそれでいいかなって思うほど、マイホームへの憧れがなくなりつつある笑
災害便乗で稼ぐなんて嫌な世の中⇒
「屋根が壊れている」と強引に修理を勧める業者は、急いで契約しないよう注意を呼びかける。「市の職員を名乗り、災害義援金を集めていると訪問を受けた」では「行政機関が戸別訪問で募ることはない。不審な話に耳を貸さないで」とした。
私のお風呂の換気扇の修理費は自己負担でしょうか。
賃貸住宅に住んでいるが被災し住むことができなくなった。家賃を払う必要は?
→支払う必要はない
マンションの天井と窓ガラスの一部にひびがはいった。家賃の減額を求めてよいか
→貸主は修繕義務を負う。修繕不可能で建物の損傷が大きなものであれば賃料の減額請求ができる
昨日より、北海道に入りました。
📰地震などの災害時に想定される消費者トラブルと対応策20ケースを、Q&A形式の「地震に関連する主な相談例とアドバイス」として消費者庁がまとめた…回答は、法律や判例を参考にしている……⚠📝
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR