TOP > 社会 > 需給バランス崩壊、発電所停止の連鎖 初の道内全域停電:朝日新聞デジタル

需給バランス崩壊、発電所停止の連鎖 初の道内全域停電:朝日新聞デジタル

 北海道全域の約295万戸での停電という事態が起きた背景には、発電拠点の立地に加え、本州との連系線の弱さもある。大手電力会社のほぼ全域での停電は国の電力広域的運営推進機関によると初めてだ。 震源地に近...

ツイッターのコメント(223)

ここにはこう書いてあるけどなあ。→「今回の地震では、北海道各地で電気の遮断がドミノ倒しのようにいっせいに起こり、すべての発電機が電気系統から離れて広域で停電する「ブラックアウト(全系崩壊)」が起きたとみられる。」
ちょっと前の記事だが、震災時、北電電力網で何が起きたかうまくまとまっていると思う。
泊原子力発電所は207万kwを発電できる。規制委員会の言っている活断層は30億年前の物、北電では確認がとれない。だが今日本には災害が続々起こっている、北本連系線は何時迄も頼れない。
泊原発を再稼動させようよ。地震が冬だったら凍死者の数が凄かったよ!
北本連系線を使うには「北海道側で受け取る直流を交流に変換するための交流電力が必要で、これを調達できなくなった」。このへんも今後議論されるでしょうね。>
朝日は喜んどるで〜
泊が稼働してりゃこんなことにならんよ。
@mmr_acss2 @north_one この話ですかね
苫東厚真が地震で揺さぶられタービン~配管が損傷、緊急停止ならば。仮に苫東が原発でも、或いは仮に泊原発が稼動していても、ブラックアウトは避け得なかっただろ。避けるには苫東の停止と同時に北海道の半分を給電停止しなければならなかった…元々原発云々の咄ぢゃない訳で
「泊原発は再稼働していない。重要施設の直下に断層が走っており、原子力規制委員会の審査が続いている。」
なんというかさすが朝日。この内容でもきっちりお仕事をなさる。
@hatoyamayukio 相変らずのほほ~んとしていらっしゃいますね。不用意に不思議だと呟いてバカにされる前に、少しでもその仕組みをお勉強なさる習慣を身につけられた方が良いと思いますが。参考までに、簡単にまとめられている記事を貼り付けていきますね。
真冬だったら、どうするのだろう。
北海道では氷点下30℃になるところもある。停電に伴う犠牲者が出る前に検討が必要。
間違い!
ベースロードとしての苫東厚真がデカすぎるのと、他の水力火力の電力を全部回してコントロールしないといけない泊原発があるから。
泊原発外部電源回復のニュースが停電解消より先にニュースになってるからね。
管内の需要に比して発電能力の大きい大規模発電所というのは、その動力によらずやはり問題なのでは。そりゃ熱力学的には大規模施設の方が有利なのは事実なんだけどさ。 /  初の道内全域停電:朝日新聞デ…”
なぜ北海道全土の電源の近くで地震?
なにかのメッセージ?
北海道は広い、その広い台地での物流は大変だろう。
小さな村まで物資が届くのかな?心配だな。
早く回復しますように・・・
ライフライン確保も大変だから、北海道の発電は火力だけでなく、一ヶ所集中ではなく地熱発電や、風力、波力、太陽光などあらゆる手立てを考えるべきだ
ブラックアウト(全系崩壊)ですか。
自分は、初めて知った言葉ですが、日本全国で捉えると、かつて起こったことのある事象なんでしょうね。
いや、そんなことはともかく、早く復旧しますように。

 初の道内全域停電(朝日新聞デジタル)
地震が起きた当時、苫東厚真火力発電所が北海道全体の約半分の電力を供給していた。奇しくも最大震度7だった町にあり、破損。北海道泊原子力発電所(207万KW)は直下に断層が走っており、審査中
えーと。電力の安定供給という視点を欠いた反原発運動をマスコミさんが煽ったからだと思います。🙂
ブラックアウトなんて、今の日本でも起こるんだな…
朝日新聞の記事は「(北本)連系線の能力は60万キロワットで、苫東厚真の発電能力の2分の1に満たない」「連系線の脆弱さが浮き彫りになった形だ」でシメてて、流石、泊発電所再稼働の邪魔している主犯だ、と思った。
東日本大震災ではブラックアウトは起こらなかったが、北海道は本州からの融通が上手くいかなかったし、北海道最大の火力発電所がやられたというのが今回の大規模停電が起きた最大の原因。本州からの電力網強化は必須。
おそらく物的被害としては大阪の台風の方が甚大なんだが、これは歴史的事件になってしまったな… /  初の道内全域停電:朝日新聞デジタル”
でっかいどうの電力の半分を1つの火力で補ってたってのもすごいねぇ。夜間だったからなのかもしれはいけど。
なぜ大規模停電が起こったのでしょうか?って北海道の電源立地を震度6強の地震が襲ったからでしょ。それよりも自然エネルギーでなぜ大規模停電を防ぐ事が出来なかったのでしょうか?
「原発がなくても火発で代替できるから大丈夫問題ない」という事はないんだな。原発絶対推進というわけではないが、感情で毛嫌いすると結果的に命を危うくすることになってしまう。
泊原発の再稼動を画策する政令官僚様が、北海道電力に苫東厚真火力発電所の緊急停止を命令した可能性があります←電気の安定供給には泊原発が欠かせない実体験をさせる為←解決法:もっと大型火力発電を増やす事です。
冗長化大事 / 「北海道全体の使用量と発電量のバランスが崩壊。本来は一定に保つ必要がある周波数が下がった。周波数低下の影響で道内のほかの火力発電所も運転がとまり、離島を除く北海道ほぼ全域の停電に至った」 / “需給バランス崩壊、…”
えー、広域送電網の一端「北本連系線」は北海道側に電気がないと使えないんだー。/
本格的な冬になる前でよかった。冬になる前に一刻も早い復旧を祈ります。 / (朝日新聞デジタル)
だから〜、非常時でも「原発いらない」って、よくやってるじゃない。やればできるし、もう完璧に原発要らない。
本当のリスクを理解せずに原発稼働させへんからこうなるねん!!!
ブラックアウトなんて知らなかった。原発を稼働させるべき、させないべきを素人が外野から言うのはあまり意味がないように思う。イデオロギーではなく、専門家の科学的な知見が必要。 / (朝日新聞デジタル)
この件を永田晴紀さんが予言してたように書いてるまとめがあるけど、それは違うんじゃ無いの?永田さんが言ってたのは飽くまで苫東の一基70万キロワットが脱落しただけで需要には足りなくなると言う
来年には北本連系線90万kwまで増強されるけどまだまだ足りない気がするねえ…東京中部関連系もだけど( ˙-˙ )
初の道内全域停電(朝日新聞デジタル)
一箇所だけで対応しとるからやわな! 太陽・風力・水力発電やらしといて! 別ルートを確保しときゃ良かったやろし、これを機に〜作ったら? こうなるん理解出来るはずやが、、ならわざとやな。
ブラックアウトの原因は分かったが、なぜ苫東厚真発電所に片寄る電力供給システムになっているのか。あらゆるリスクを考慮して発電所の分散が出来なかったのか・しなかったのか。「想定外」はもう通用しない
 :朝日新聞デジタル
日本初の現象「ブラックアウト」。初めて知った。
本州と北海道を繋ぐ電力ケーブル、北本連系線が直流送電なのは知ってたけど、直交変換装置には外部電源が必要だったのは知らなかった😲
送電に関して島国ニッポンは本当に条件が悪いね😥
リスクを正しく理解するのは難しい。原発を動かすリスク、動かさないリスクを感覚では捉えにくく、科学に頼るしかない。
...
この記事、わかりやすいな。
えー北海道の送電ネットワークは全部のノードが単一障害点になってるってこと? /  初の道内全域停電:朝日新聞デジタル”
北電と同様に他の電力会社間との連系網が弱点なのが九州。関門連系線の1つで中国電力とつながっているだけ。この九州にボコボコ、太陽光発電が作られる。民主政権の負の遺産。
一カ所の発電所に頼りすぎてたからって言う話であるか。
ブラックアウト(全系崩壊)なんて言うのね
原発は稼働しようがしまいが、リスクはほとんど変わらないと思うので、稼働させればいいと思う。
「電力の需要と供給のバランスが大きく崩れると、設備への負荷やトラブルを避けようとして、各地の発電所で電気の供給を遮断する安全機能が働く。北海道各地で電気の遮断がドミノ倒しのようにいっせいに」
火発が1機止まればこうなりかねない予備率3%で「電気足りてる」とかやってたのが誰か言ってみ。
発電したエネルギーを蓄電して、その瞬間の需要に合わせ、供給できるシステムにならない限り、エネルギー発電ポートフォリオとしての...
もっと見る (残り約173件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR