TOP > 社会 > 「小児性愛者守ってる」ローマ法王に抗議デモ・辞任要求:朝日新聞デジタル

「小児性愛者守ってる」ローマ法王に抗議デモ・辞任要求:朝日新聞デジタル

 ローマ・カトリック教会の聖職者による子どもへの性的虐待問題をめぐり、フランシスコ法王が批判の矢面に立たされている。長年隠蔽(いんぺい)された問題に厳しく対応する姿勢を示してきたが、25、26日に訪れ…...

ツイッターのコメント(24)

@kurihiroshi 『そうですよね
公言してなくても
聖職者でも
日本人じゃなくても駄目ですよね』


↑こう書いたから、どんな返事が来るのか楽しみ
何が「聖職者」だよ。笑わせんな。
霊的に生まれ変わるべきはド変態
🤣🤣🤣

ド変態を歓迎する日本人(呆)
予防は簡単だ。
妻帯を司祭に推進することだ。
独身を貫こうとする司祭には同性愛か小児性愛を疑う目を浴びせるべきだ。
聖書には妻帯を禁じる文言は一つもない。意味ない慣例なのだ。
最近のバチカンは こんなスキャンダルばかりですねぇ…
(守ってはいけないのは虐待で「何々性愛」ではないのでは)ビガノ氏は、米国のマカーリック元枢機卿による性的虐待疑惑の告発について、法王が就任直後の2013年に報告を受けながら、対応せずに放置したと指摘 / “「小児性愛者守ってる」…”
犯罪者を守っているなら非難されるべきだが
小児性愛者だってだけで叩くのはおかしい。
「法王が問題を放置した」
ミサ会場の外では、法王の訪問に抗議する数千人が集結。プラカードを手に、「法王は小児性愛者を守っている」と批判し、「真相を解明し犯罪者を処罰せよ」と訴えた。
神父ってのは性的変態じゃないとなれないの?
保守的カトリック信徒が多数を占めてきたアイルランドでも、教会の権威失墜によって、離婚合法化、同性婚を認める改憲、同性愛者の首相就任、妊娠中絶の容認といった大きな政策転換が進んでいる。
かつての「組織的隠蔽」は対面を憚ってのものなのだろうけど、いつまでたっても犯人の処罰や防止策を打たないのはなぜなんだろう
この事件、「小児性愛者」を守っているのではなく、バチカンが組織的に性暴力加害者を守ったことが問題視されているのに、タブロイドでもないのになぜ朝日はこの見出しにしたのだろうか?→
25、26日に訪れたアイルランドでは抗議デモが起きた。教会内から法王の辞任を求める書簡も公表された。すべての権力が法王に集中するカトリック教会では、極めて異例の事態だ

法王批判のデモ、初めてみたいだが
問題を解決しようとしてる法王が責任を取って辞任してしまうと、問題を隠蔽する人が次の法王になりやしないか?
ローマ法王に辞任の要求。元駐米バチカン大使のカルロ・マリア・ビガノ大司教が「法王が性的虐待の疑惑について報告を受けながら放置した」と告発。
長年の課題?いやいや、長年の伝統でしょ。
小児性愛者を守るのは別に非難する事ではないだろ。非難すべきはチャイルドマレスター(児童性虐待者)であって小児性愛者ではない。これじゃ抗議に賛同しにくいわ。
伊メディアによるとビガノ氏は、米国のマカーリック元枢機卿による性的虐待疑惑の告発について、法王が就任直後の2013年に報告を受けながら、対応せずに放置したと指摘。
法王辞任はいいとしても、カトリックの教義の間違いを正さなければまた同じことが、もっと巧妙に行われるだけ。
朝日の見出しの分かりにくさというかあえて誤解を招く描き方って、例のツイッターの書きぶりに似てるよな。
LGBTには厳しいが「ショタコン・ロリコン」には甘いカトリック教会とヴァチカン。
ローマがこれじゃもはや「救いがない」。
行為は違法だし非難されて然るべきなんだろうが、指向自体は多様性を容認する現代にあっては否定すべきものなのかどうか。合法的なパートナーが存在しないのだから指向も禁止?何処に境界線を引くのだろうか?>「小児性愛者守ってる」ローマ法王に抗議デモ・辞任要求:朝日
以上
 

いま話題のニュース

PR