TOP > 社会 > 「不法移民」決死のアルプス越え 凍傷だらけ、山に遺体:朝日新聞デジタル

「不法移民」決死のアルプス越え 凍傷だらけ、山に遺体:朝日新聞デジタル

 フランスとイタリア国境で「不法移民」を取り締まる鉄道での検問が厳しくなっている。このため、危険を顧みずに歩いてアルプス山脈を越え、イタリアからフランスへ入ろうとする人が絶えない。 西アフリカ、ギニア…...

ツイッターのコメント(24)

ハンニバルかよ…
伊東乾「これぞ欧州の知性」

知性すごいね。
5月にイタリア側の山中で男性の遺体が見つかった。地元紙によるとギニア人男性で、1月に国境を越えようとして仏当局に見つかり、追い返されていたという
「ダブリン規則」が欧州内の亀裂に。>”「彼らはあらゆる危険を冒して欧州にたどり着いた。だから簡単に山を越えられると思っている。でも、違う」”、"ブリアンソンにあるNGOの救護施設には毎朝、15人ほどが山越え"
( ̄^ ̄)ゞハンニバル戦記
もうさ移民発生させてる国つぶせよ それしかねえだろ
ハンニバルのアルプス越え
兄弟15人って犬かな?
いつまでもアフリカ諸国が貧しいのってこの原因だよね
日本も不法移民多いよね
凄い話。
> 父親は4人の妻を持ち、15人きょうだいの末っ子。兄から暴力を受けて右目の視力を失い、邪魔者扱いされて家を出た。青年は「イタリアで難民申請したが拒まれた」と言う。言葉が通じるフランスで暮らしたいと願う。
凍傷だらけ、山に遺体( )…移民問題の本当の罪は「命を賭けても渡航する価値がある」と不法移民に思わせた欧州の側にあるのではと思う。最初の移民管理の厳格さが足りなかったことで期待と現実のギャップが生まれ、多くの人が命を落とした。
#ハンニバル #アルプス越
ギニアってサンコンさんの母国だったっけ。
最初のうちは人道的に手厚く扱ったから後から後から押し寄せて、今は押し付けあいになっている。
イタリアとフランスとの移民の実態をルポする記事。こんな壮絶な実態とは知らず/
不法,違法行為を非難しない、いつものトンデモメディア(笑)

【 凍傷だらけ、山に遺体】
以前ヒマラヤ越えするチベット人が狙撃される動画を視たがそっちは無視か。メモ。
凍傷だらけ、山に遺体:朝日新聞
零下15度の真冬、バスケットシューズで凍傷だらけになりながら山を越えた人々も助けたという。「彼らはあらゆる危険を冒して欧州にたどり着いた。だから簡単に山を越えられると思っている。でも、違う」
「」決死のアルプス越え
フランスとイタリア国境で「不法移民」を取り締まる鉄道での検問が厳しくなっている。このため、危険を顧みずに歩いてアルプス山脈を越え、イタリアからフランスへ入ろうとする人が絶えない。
フランスとイタリア国境で「不法移民」を取り締まる鉄道での検問が厳しくなっている。このため、危険を顧みずに歩いてアルプス山脈を越え、イタリアからフランスへ入ろうとする人が絶えない。
雪深い山中まで警備しないといけない国境警備も大変だなぁ。>
以上
 

いま話題のニュース

PR