「生まれる」「忘年会が…」 離婚へ向かう怒りの始まり:朝日新聞デジタル

 「妻の代わりにやっている、という意識にイラッとする」「『ワンオペ』という文字を見るだけで涙が出る」――。父親として出産準備や家事、育児に悩む3人の記者の経験を今年6月、朝日新聞生活面に掲載したところ...

ツイッターのコメント(44)

女性の怒りは理解できるが、一方の言い分だけというのが気になった。18年前の職場だと、上司の圧力もあったろうし、営業職だと毎日の飲み歩きも、ただ遊びで飲んでいたとは思えない。夫を家に帰さなかった「日本の会社の仕事のしくみ」も問われるのでは。
「何もしてないのに妻が突然子供を連れて別居開始。離婚を切り出した!連れ去りガー!!」 て男性は一度読んでみるといいよ。有料だけど。
優良記事かあ。朝日の男記者の育児や家事労働関係の記事、すっげえむかついたもんな>
妻の出産が、他人事なんでしょうねぇ。こんな男、日本にはまだ割といる気がします。
育児中の生活についてかんがえるのである。フェアであるとは?
昭和の「男は仕事、女は家庭」という考え方が平成初期はまだ残っていたゆえに
なんだろう。昔は出来て今は出来ない事なのかな。
作り話ではないの?
忘年会を出産より優先させるとは
その日のうちに離婚でいい

酒を飲む男と結婚してはいけない
「妻の代わりにやっているという意識」これは腹立つやろなあ…
夫婦関係が長続きするコツというのは分かりませんが、破たんケースを見ていると、やはり感謝の念がなくなっていることが多いように感じます。
 
PR
PR