TOP > 社会 > トランプ氏、国防権限法に署名 対中国強硬姿勢を鮮明に:朝日新聞デジタル

トランプ氏、国防権限法に署名 対中国強硬姿勢を鮮明に:朝日新聞デジタル

 トランプ米大統領は13日、2019会計年度(18年10月~19年9月)の国防予算の枠組みを決める総額約7160億ドル(約80兆円)の国防権限法に署名し、同法が成立した。同法は、米政府機関とその取引企…...

ツイッターのコメント(10)

「強烈な不満」が日本政府の「遺憾」砲とダブって見える。☞「 対中国強硬姿勢を鮮明に」
本当に最近の米中は「冷戦」と言っていいレベル。
間違いなく経済(貿易)のところで「現代の冷戦」として社会の教科書に載る。
引用:トランプ米大統領は13日、2019会計年度の国防予算の枠組みを決める総額約7160億ドル(約80兆円)の国防権限法に署名し同法が成立した。同法は米政府機関とその取引企業に対し、中国情報通信大手の華為技術(ファーウェイ)や(続
マジで対決姿勢を露わにしてきたな。対露も良く考えてくれるし本当ありがたい
日本も連携を匂わせれば 習近平はとどめを刺されることになるね。
トランプ大統領「アメリカから中国を締め出し、台湾と仲良くする法律に署名
するで!」
良し!これで自民内の支那の犬も動けなくなり、売国経済団体も動けなくなるな!
就任当初とは違い、良い感じになってきたなあトランプ
[朝日] トランプ米大統領は13日、2019会計年度(18年10月~19年9月)の国防予算の枠組みを決める総額約7160億ドル(約80兆円)の国防権限法に署名し、同法が成立した。同法は、米政府機関とその取…
一方、中国とは対照的に、台湾については防衛協力を強化する方針を打ち出し、軍事演習の促進を盛り込んだ。3月に成立した台湾旅行法に基づき、米・台湾防衛当局者の相互訪問も明記された。
以上
 

いま話題のニュース

PR