TOP > 社会 > iPS細胞でパーキンソン病治療 京大で臨床試験開始へ:朝日新聞デジタル

iPS細胞でパーキンソン病治療 京大で臨床試験開始へ:朝日新聞デジタル

 京都大がヒトのiPS細胞からつくった神経細胞を、パーキンソン病の患者の脳に移植する臨床試験(治験)を始めることが29日、わかった。学内の審査を終えたという。チームは近く計画を正式に発表する。iPS細…...

ツイッターのコメント(31)

1日も早い実現を期待。リハビリテーションの役割と重要性は、より求められるだろうと思う。
iPS細胞をつかった認知症治療の研究ももうすぐ始まる?
この領域はまじで進むの速い。
素晴らしいですね!近くでどんどん医療がすすんでいっている
とうとう実用まじかやな。
楽しみ、今後どんどん人が助かるとええな!
すごいすごい!今日は嬉しいニュースばかりだ!ただ一点悲しいのは今めちゃくちゃお腹が痛い!
いよいよやなあ。
効果がちゃんと出て欲しいな〜。
希望が見えてきた
これは素晴らしい❗iPSは日本の生物研究者にとっては特に期待の星だからね。

私の研究も少しかかってるくらいだし(別に細胞自体は使ってないけど)、どんどん発展して欲しい
医療革命への第一歩。難病克服に叡智を。
個人的にはようやく始まるかという感じ。知り合いがパーキンソン病で苦しんでいるということもあって,何としても成功させてほしい。

【iPS細胞でパーキンソン病治療  - 朝日新聞デジタル】
これも難病ですね
運動症状以外にも、睡眠障害や鬱のような精神症状も現れるとのこと。

「難病は原因が不明のものが多いゆえ、難病と言われるのだ」

認知症等のようにどなたでも発症する可能性があります。

私自身他人事ではないのでそう思えます
ドーパミンの分泌量が少ないとパーキンソン病になって、運動障害が起こるってことか🤔
これ、バーチャルヒューマノイドに繋がる技術では...?
ドーパミン産生細胞を補うってのは分かるが実際どうやって大脳基底核や黒質に移植するんだろう。
治ったら良いなぁ。
あれ?利用者減る?
> チームは、iPS研が保管している他人のiPS細胞から、ドーパミンを産生する神経細胞を約500万個つくり、患者の脳に移植。

L-DOPAが効くって習って、その次点が細胞そのものを生産かぁ。
一歩進んだようだ。
カニクイザルを使った研究では、実際にドーパミンが増え症状が改善。2年経過観察し、腫瘍(しゅよう)はできず安全性は確認できたという。
とても期待してる✋→
ついに始まりますね。技術以外のところにも様々なハードルがありますが、どうなるでしょうか。結果が楽しみです。
この難病を解決できたらどれだけの人が喜ぶことか。私の家族でも苦しんでいる人がいて、期待せずにはおれません。とても意義のある研究だと思います。応援しています。 / (朝日新聞デジタル)
京都大がヒトのiPS細胞からつくった神経細胞を、パーキンソン病の患者の脳に移植する臨床試験(治験)を始めることが29日、わかった。学内の審査を終えたという。iPS細胞を実際の患者に用いる臨床応用は、国内では目、心臓に続き三つ目となる。
普通この種の実験では病原因が不明で、当て物の感があったのです。が、この場合は、ドーパミン減少が病原因だと分かっている事、猿で成功、種々の免疫抑制剤の存在等々で、成功の可能性があるのでは。
父はパーキンソン病だったのだが、iPS細胞によるパーキンソン病治療に強い関心を示し、被治験者になりたいといっていた。父は間に合わなかったが、あの業病が治る時代が到来しつつあることを喜ばしく思う。
iPS細胞を使った3番目の臨床応用。ドーパミン産生神経細胞でパーキンソン病治療。
記事中にも記載があるが、iPS臨床応用の4番目は慶応大岡野先生の脊髄損傷に対する神経幹細胞か、メガカリオンとCiRAの血小板か?
ipsもかなり加速してきましたね。→
朝日新聞RSSです。 RSSフィードを使用しています。
iPS細胞でパーキンソン病治療 (朝日新聞) [PR] 京都大がヒトのiPS細胞からつくった神経細胞を、パーキンソン病の患者の脳に移植する
以上
 

いま話題のニュース

PR