TOP > 社会 > JR北海道に400億円支援へ 国土交通省、監督命令も:朝日新聞デジタル

JR北海道に400億円支援へ 国土交通省、監督命令も:朝日新聞デジタル

 経営難のJR北海道に対し、国土交通省は新たに400億円ほどの支援に踏み切る。JR会社法に基づく監督命令も出し、再建を促す。27日に発表する。ただ、低金利に伴う基金の運用難や人口の減少といった原因は構…...

ツイッターのコメント(12)

これは今年7月の記事。JR北海道は立ち直れるんだろうか? 経営難のJR北海道に対し、国土交通省は新たに400億円ほどの支援に踏み切る。JR会社法に基づく監督命令も出し、再建を促す。
国交省、監督命令も
JR北海道は近年、年400億円を超える営業赤字を出し続けており、2017年度は過去最悪の416億円。純損失は87億円。資金ショートで列車の運行ができなくなるとして、JR北海道は30年度までの長期支援を求めた
後世にツケを回す方が、今の世代と闘うよりも短期コストが安いので、こうなる。そろそろ、若い世代は怒っていい。
これ構造問題で解決しないから、辛くても移住を早めにするしか答えなさそう。先送りするほど未来に悲惨なことになる。
各社報道から、当面の廃止は5路線5区間になるようですね。「計311・5キロで全路線の1割強」。室蘭東線、宗谷北線、花咲線、釧網線などは当面存続ということでしょうか。
被災地には20億…

国土交通省、監督命令も
あーあ、最悪の悪手。JR北の最大の問題は当事者意識0の残念すぎる労使。同時に自治体も当事者意識0。なんかあったらのび太君みたいに永田町・霞ヶ関に泣きつくだけ。ハッキリ言ってカネドブに捨てるだけで逆効果。 / “JR北海道に400…”
“JR会社法は、1987年の旧国鉄の分割民営化にあわせて設けられた。同法では、経営基盤の弱いJR北海道、四国、貨物の3社に、国土交通相が監督命令を出せる” / “ 国土交通省、監督命令も:朝日新聞デジ…”
国から支援を受けるなら、不採算路線はどんどん廃線にすべき。
国土交通省、監督命令も(朝日新聞デジタル)
これだけ支援があったら「金がないから協力しない」はもう通用しない。各沿線自治体が本当に鉄路を欲しているかが試されるわね。
ログイン(会員登録)なしで全文読めます。 / “ 国土交通省、監督命令も:朝日新聞デジタル”
北海道に限らず、鉄道やバスの廃線問題で、普段から極力、乗車する住民、国民の努力が必要。車優先ではなく。← 国土交通省、監督命令も(朝日新聞デジタル)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR