TOP > 社会 > パチンコ企業、カジノに熱視線 本業不振 依存症対策は:朝日新聞デジタル

パチンコ企業、カジノに熱視線 本業不振 依存症対策は:朝日新聞デジタル

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が成立し、2020年代前半にも国内でIRが開業する。巨額のカジノマネーを取り込もうと、パチンコ関連企業が運営に向けて動き始めている。熱視線の背景にあるのが、本...

ツイッターのコメント(13)

厚生労働省によると、ギャンブル依存症が疑われる人は全国に約70万人いると推計される。パチンコの依存症問題を根本的に解決できない業界が、『カジノでは真摯に対応する』と言ったところで信用できない。そんな業界が運営に関わるのは大反対だ。
「パチンコの依存症問題を根本的に解決できない業界が、『カジノでは真摯(しんし)に対応する』と言ったところで、信用できない。そんな業界が運営に関わるのは大反対だ」
依存症対策は: 韓国・仁川空港から車で3分の好立地に昨年4月、IR「パラダイスシティ」が開業/運営するのは、ゲーム・パチンコ機器大手セガサミーホールディングス(東京)と、カジノ大手パラダイス(韓国)の合弁会社。
カジノなんて富裕層しか来ないんだから富裕層から金むしり取る絶好のチャンスやんけ
むしろ生活保護受けている低所得層からむしり取る現パチンコ業界を潰した方が経済回るわ
パチンコ関連企業はIRから閉め出せ!!!
パチンコ業界はカジノに進出できないよう、立法処置を取って欲しい。北の資金源と依存症がカジノに移ってしまう。
警察が取り仕切るんだろ、入札してもパチンコ業界の参入は防げるわけがない。胴元は警察なんだから
韓国・仁川空港から車で3分の好立地に昨年4月、IR「パラダイスシティ」が開業した/利用者の3~4割は日本人/運営するのはセガサミーホールディングス(東京)と、カジノ大手パラダイス(韓国)の合弁会社 / “パチンコ企業、カジノに熱…”
依存症は本人の問題なんだけど。一種の精神病。本人にお金を持たせないとか行動範囲を制限するとかしないとどうしようもない。
なんだ、記事のほとんどがセガサミーについてで、ユニバーサルは少しだけ。
⏩下記の各言葉に「深く関わっている政治家」は、誰でしょう?
1.「パチンコ企業からの献金」
2.「IRカジノ法案の強行採決」
3.「セガサミー会長と旧知の仲」
やっぱり マッチポンプなのね。 大手が 残って 個人のパチ屋は 壊滅‼️
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR