TOP > 社会 > ハッキング称賛された少年 ベランダに人影「殺される」:朝日新聞デジタル

ハッキング称賛された少年 ベランダに人影「殺される」:朝日新聞デジタル

30コメント 登録日時:2018-07-14 20:56 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 マンション6階のベランダに突然、人影が現れた。 「殺される!」 昼食のうどんを作ろうと台所に立っていた17歳の少年はそう思って鍋を放り出し、リビングの向こうまで走って逃げ、ドアを閉めた。その時、扉の…...

Twitterのコメント(30)

この記事読んで!!!!

最後鳥肌たった!
マンション6階のベランダからいきなり捜査官に踏み込まれるとか、映画みたいな捕り物帖。
容疑者は17才の少年。
才能…使う場所を変えて開花する。
しかし、この見出しだと何なん?って。その人影は捜査侵入する警官と読めば納得。
ベランダに人影「殺される」


プロのハッカーって、金沢じゃないのー。
あらあのかたではないですか、誰とは言わんが。
意識せず二日完徹とか凄いな /
逮捕され少年院に入った少年、ホワイトハッカーに
この少年に本当に必要なものは、無条件に受け入れ保護する母親的パートナーではないか。人を支える人材が今は育ちにくいのではないか。
犯罪を肯定するわけではないですが
早い内に見つけていれば
彼も罪を犯さず技術力を持つ人材を確保できたのかも知れないのに
こういう承認のされ方、ハマり方をするのも珍しいよね
「(略)警察官だった。リビングにあったノートパソコンを画面が開いたままの状態で押収するため、少年がパソコンから離れる瞬間を待っていた。閉じると記録が消える特殊な仕掛けが施されていた」 /  ベ…”
「ベランダの人影は、踏み込むタイミングを狙って隠れていた警察官だった」
あの弁護士騒動に出てくる人?
おおおおお、故人を彷彿とする記事ですわ。
ネットがまだない時代、故人や後輩くんたちが寝食を忘れてハマっていたのは無線であったそう。そこから、ボーダーを越えていく。駆り立てるのは探究心と好奇心。おもちゃ箱のような戦果。
・...
記事として 書けばいいのに 小説風 /
今は更生されているようですが、ITはくれぐれも良い事に使って欲しいです。
何時になったらマスコミはクラッキングという単語を覚えるのか。 /
少年は中学1年のころから不登校となり、高校にも進学しなかった。
”今年に入り、20歳になった少年はテレビ画面に映っていた。ネット上の不正を追及する「ホワイトハッカー」として。”
ハッキングの少年逮捕
詰まっちゃう系のことはやらないほうがいいと思いますが、これこそまさしく今後必要とされる人材ですね。 / (朝日新聞デジタル)
時期的に技術評論社の件ですかね?
【 ベランダに人影「殺される」】

現代版「笑い男(攻殻機動隊)」だなぁ…。
IPアドレスを特定されるようではとても甘い。捕まる人は凄腕とは呼べない。脱獄ツールを作るような、ヘッドハンティングの来る若者が凄腕でしょう。面が割れるようではダメですね
一部加工された画像にCheenaさんっぽいアイコンが写ってる / (27 users)
続きが見たいけど、有料か… /
以上

記事本文: ハッキング称賛された少年 ベランダに人影「殺される」:朝日新聞デジタル

関連記事