TOP > 社会 > 「支援金」と「義援金」、お金が届く相手が違います:朝日新聞デジタル

「支援金」と「義援金」、お金が届く相手が違います:朝日新聞デジタル

 西日本豪雨災害の被災地に届ける「支援金」や「義援金」の募集が始まっている。「被災地の役に立ちたい」という気持ちがこもったお金だからこそ、使われ方を理解しておきたい。改めて、「支援金」と「義援金」の違…...

ツイッターのコメント(64)

皆さん知っておられるかもしれませんが…
「支援金」と「義援金」
どの様に違うか調べてみた。
「支援金」なら #愛知 だと外面だけは良い レスキユーストックヤードが暗躍してるよな
善意の寄付や公金を吸い込んで どんだけ潤ってんだか
「義援金」なら被災者へ直。お金が届く相手が違います:朝日新聞デジタル
知らなかった!
「義援金」ではなく「支援金」でしたね。失礼しました。。
記事は少し前のですが、知識として覚えておきたい。義援金は被災者に平等に分けられる為、配られるのはかなり後になってから。災害すぐに必要なのは支援金。
メモ。〉 (2018/7/16)
ほうほう!
支援金と義援金のちがい→
ことばの分け方には不快なものがあるけど、使い方はこんなことらしい
義援金、支援金の違いとは
↓こちらを


「支援する地域」「届け先」「用途」何を優先されるのかも踏まえてお考え下さいませ。
どちらも貴重なお気持ちです。
その上で、どうせお財布から出すのなら違いを知っておいた方がいいですね。
もちろん、どちらも貴重です。
知らなかった…!
分かりやすかったのでシェア☺︎
(朝日新聞デジタル) - ニュースパス
知ってました?「支援金」と「義援金」、お金が届く相手が違うんだそうです。
北方領土の返還の気もないロシアに対し多額の援助をしながら、国内の災害地には交付金の前倒し支給。これは支払う時期をずらしただけの措置。国内と海外に対する考えのウエイトが正しいのか?
知らなかったです。今まで意識したことなかったです。。。<(_ _)>

>>>>>
いつもどうだっけ? ってなるので、メモ目も……!!> -
これ、気にしたことなかった。なるほど!
「支援金」は狙ったところにすぐ効く早く効く。
「義援金」は後からぼんやり効いてくる。
『知らなかった! 「支援金」と「義援金」の違い』

大災害が起きたとき。
今回、西日本豪雨災害の被災地に届ける「支援金」や「義援金」。
両者には、こんな違いがあるとは!
やるなら義援金か
あらまあ。
共産党、立憲など夜盗は「支援金」として、自分たちの党にくれた金だと認識しているそうです。
支援金は支援団体の職員の給料として一部引かれて引いるのかな?
支援金→ボランティア団体の活動を支援するお金。

義援金→被災者に直接入るお金。
これはわかりやすいですね。
少なくてもアグネスの日本ユニセフには募金を避けたい。
「支援金」と「義援金」、自分の考えと合う方での支援を。
覚えておきましょう!
今日初めて昼間にエアコン点けた。
暑い中、ボランティアに行かれた方達、すみません。
支援金と義援金の違いか、なるほど。
どちらも本当に届けたい人に届くかは、会計の透明性によります。日本財団とか日本赤十字だと、ちゃっかり財団の人件費などは抜かるみたいよ。
これからされる方当たり前のことですが、再度確認を。
ほー、なるほど。
そうなんや、知らんかった。
もっと拡散したほうがいいと思う
知らないで寄付してる人多いと思う
知っといて下さい。
よく理解して協力を‼️
「支援金」と「義援金」
お金が届く相手が違います:朝日新聞デジタル
被災者に直接は義援金だが、法律上「被災者」になるかどうかはで対応が違うんだが、そこまでは新聞には書かないか
「紛らわしいです‼️」
もっと名目を分かりやすくした方が良い。
これからは義援金の募金の方にしよ。。
支援団体を通してだと 違うとこに使われてたとか前にも問題になった気がしたから。。
知れて良かった!
きちんと知っておかないと。今は両方大事なのだと思います。
うわっ
知らなかった
ヤフーのはどっちだったんだろ…義援金がよかった…
知らなかった。
同じと思ってた(笑)よく考えて募金しなきゃだわw
この違いは知らんかった。
必要になるタイミングも少し違うし、その辺も考えないとな。
学んだ。今さらながら。
ぬう、知らなかった
被災地への支援金募集を始めた日本財団によると...

謎の公益財団、日本財団(統一教会)の善行⁉︎
マジか、覚えておこう…
割と分からなかったこと。
知らなかった。
まぁ、詐欺ならどちらでも届かないから気を付けよう。
勉強になりますね。
違いがあったんだ~💦今度からは考えて募金しよう

「支援金」と「義援金」、お金が届く相手が違います(朝日新聞デジタル)
なるほど。違いを知りませんでした。
--
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR