TOP > 政治・経済 > 働き方・TPP法案、可決へ 与党が参院委で採決方針:朝日新聞デジタル

働き方・TPP法案、可決へ 与党が参院委で採決方針:朝日新聞デジタル

 安倍政権が今国会の最重要法案と位置づける「働き方改革関連法案」と、米国を除く11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP11)の関連法案について、与党は28日の参院の委員会で採決する方針を固めた。両法…...

ツイッターのコメント(13)

朝イチからうんざり
国民民主党 は 国民を裏切ったのか?

野党がんばれ
翻訳すると、「日本の残業代、段階的に撤廃へ」「過労死という概念が、制度上消滅」
今度の選挙できちんとこういう決め方でいいのかどうか考えて人を選ばなくてはいけない。
参院野党第1党の国民民主党が採決に合意するのは、ゆ党の本領発揮といえるね
国会周辺へ、集まれる人は集まりましょう!
>自民党と参院野党第1党の国民民主党が採決に合意した。
野党は「過労死を招きかねない」として法案に反対してきた
両法案とも、国民民主党は与党とともに採決に同意していると? ----
与党が参院委で採決方針

国民民主党は何故乗った??
いよいよ民主という言葉は形骸化し始めてるのかな
自分の子どもや孫に、そして将来の税収減、社会保障費増に大きく影響するだろう働き方改革関連法案について本日成立を促した政党や議員には、私は次の選挙から票を入れない。
これが可決って本当?死刑宣告でしょ。マジで頭おかしい
「自民党と参院野党第1党の国民民主党が採決に合意」。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR