TOP > 社会 > NZのアーダーン首相が女児出産、6週間の産休入り:朝日新聞デジタル

NZのアーダーン首相が女児出産、6週間の産休入り:朝日新聞デジタル

 ニュージーランドのアーダーン首相(37)が21日、女児を出産した。パートナーのクラーク・ゲイフォードさんが自身のツイッターで発表した。6週間産休を取る。その間はピーターズ副首相兼外相が首相代行を務め…...

ツイッターのコメント(32)

NZのアーダーン首相が女児出産、6週間の産休入り:朝日新聞 ”1893年に世界で初めて女性に参政権が認められたニュージーランドでは、女性の社会参加が進んでおり、国内は祝福ムードであふれている。”
こういうちゃんとした国がうらやましいな。
NZのアーダーン首相が女児出産、6週間の産休入り
偏見になってしまいますが人口が少ないとこのような事例が起きるとともに国家事業も100年だが子育ても100年二股は天が許さない事にならないようにね
女性の首相が産休入りとか、すばらしいニュース。そして寛容な社会。
「育児を手伝う」という表現が、日本の時代遅れ感を醸し出しているのが情けない。>
めでたい。こういうところがニュージーランドのいいところ。
日本だと職務放棄とかで叩かれるな。そういう国だよ日本は。
めでたいな🎉
いい事だよねー👍

コレをガタガタ言わない社会ってのがベストだと思うんだよね。

気持ちの余裕だよね。

NZのアーダーン首相が女児出産、6週間の産休入り(朝日新聞デジタル)
日本では女性議員が妊娠しただけでバッシングされるのにね。
すげーな。かっこいい。
日本の差別主義のバカオヤジ共の政界では絶対にありえないわな。
首相が女性で、37歳で、在職中に出産して育休を取る。世界にはこんな国もあるんだな。
昔ベナジールブットが妊娠した時政敵に殺されるから秘密裏に出産したって聞いてスゲーって思った→
六週間くらい居なくても議員は職務を解っている、と市民に言わせる国民性
日本では数十年現れないだろうな。その間に少子化は確実に進んで衰退の一途をたどる。
いろいろな意味で日本では起こりえないことだと思う。悲しいが。 --
これだから好きNZ
NZのアーダーン首相が
女児出産、6週間の産休入り(朝日新聞デジタル) - Yah
oo!ニュース


congratulation!
お身体大切になさってお過ごしください!
とてもすてきだ!
おめでとうございます、良いことだ
右のパートナーのおっさんが、つい先日、サメと海中で戦ってるのをイルカに高みの見物されたの思い出すとジワる
首相の産休、クールな話だ。男性首相にも積極的に取ってほしいね。
NZのアーダーン首相が女児出産、6週間の産休入り(朝日)
へー、ニュージーランドでは首相以下の権限委譲順位もきちんと決められてるのかね?
災害、国防等の非常時対応のために決められるものだから、普通の国は事前に決めてあるんだろうね。
おめでとうございます! ニュージーランドの首相は37歳の女性。日本でもいつか首相が産休をとる時代が来るだろうか?/
日本の首相が女性で出産したら、「任期中に出産するなんて首相の自覚がない」なんて言われるんだろうなw
ひゃー,おめでとうございます。パートナーさんとは事実婚なんでしょうかね。6週間の産休で復帰かー・・・お疲れさまです。/
日本もこういう国になってほしい。 / “NZのアーダーン首相が女児出産、6週間の産休入り:朝日新聞デジタル”
日本がニュージーランドに追いつくには、あと200年くらいかかるでしょうね
原爆を2発も落とされないと女性に参政権を認めなかった国ですから
以上
 

いま話題のニュース

PR