TOP > 社会 > 「眠気の正体」ついに判明 神経細胞のたんぱく質が変化:朝日新聞デジタル

「眠気の正体」ついに判明 神経細胞のたんぱく質が変化:朝日新聞デジタル

158コメント 登録日時:2018-06-27 11:25 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 眠気の正体は神経細胞の80種のたんぱく質群の変化であることを、筑波大などのグループがマウスの実験で突き止めた。このたんぱく質群は起きている間は「リン酸化」と呼ばれる現象が進み、眠ると元に戻る。この現…...

Twitterのコメント(158)

眠気が起きる仕組みが解明されてきています!
眠ることで脳神経のシナプスリン酸化をリセットし、認知機能を維持している可能性があるとのこと。

起きているのがベースではなくて、睡眠ありきで生活リズムをつくるほうがよいかもしれませんね👍👍👍
起床入門って体内時計の調整やら、光時計やら、カレンダーと目覚ましの連携やら意外と書くことあるのかも。何故寝るのかだけでも、かなりのボリュームあるし。
四当五落の真偽はいかほどに?
24時間戦う時代がそこまで来ているのか?ジャパニーズビジネスマンは栄養ドリンクを飲んで戦い続ける。
今まで解明されてなかったんか。眠くなくなる薬とかできるんかね。
リン酸化したたんぱく質が睡眠をとれば元に戻るのは何でなんだろ?ショートスリーパーは元に戻るスピードが早いのかな。→ 眠気の正体」ついに判明
これ普通にすごい。
不眠症改善の研究とかも進むかもな。
「筑波大などのグループがマウスの実験で突き止めた。」落合陽一氏が関係してるのかと思ってしまった・・・
で、どうしたら良いんすかー
どう応用していくか。 / (朝日新聞デジタル)
うおー!ずっと謎とされてきた睡眠のメカニズム。とうとう解明されそうだね。10年後には「好きな時に任意の時間だけ眠れる◯◯」みたいな商品出てそう
いつか、眠らなくて良い肉体を手に入れる時代が来るかも…。
ふむ。だから何だ。
自由自在に寝れる技術早よ。
休憩中 これ読んでたら眠なってきた
睡眠は甘えの時代になるかもしれない
これで眠くならない薬が開発される
飲むと5秒で寝る薬とかはよ作って
7時間位持続タイプでオナシャス
めっちゃ犯罪増えそうやけど
どんどん体というデバイスの謎が解明されていく。

コントロールしやすくなるね^ ^
これは人生の質に関わる重大なニュースかも知れん!!!
米とかパン食べたらねむなるって事?!
眠気の正体判

眠くならないようにする方法を開発

死ぬまで働くマン誕生
脱リン酸化酵素をたくさん作れば眠くなくなるってこと?
もとの論文よみたい
ロッテさん、グリコさん、出番ですよ!!!
乳酸菌入りチョコ、糖質吸収抑制チョコ、頭がすっきりするチョコ → NEW 眠気を覚ますチョコ
ふむー、身近な題材の仕組みが明かされたとな。いい感じに活かせる未来になりますように。
ログインできないから冒頭しかよめてないけど、このリン酸化を抑えることができたら、私の寝過ぎる悩みを解決できるんじゃ…。
なんか面白そうなのでシェア。いろんな方向に転がりそうな話題。
薬の副作用とかで眠気無くなるように出来ると嬉しいな>
今まさに俺のタンパク質群がリン酸化してるんだが……
これすごい発見だわ!
寝てる間にキャッシュをクリアする感じか
「眠気に関わる脳内物質~80種のたんぱく質~リン酸化~眠ると元に戻る~神経細胞の疲弊と回復」乳酸が筋肉疲労​の誤解(むしろ疲労緩和と後から判明)と同じ様にリン酸化も一旦疲労の誤解が起きそう。 / “「眠気の正体」…”
"このたんぱく質群は起きている間は「リン酸化」と呼ばれる現象が進み、眠ると元に戻る。"
「眠気の正体」が分かったとのこと。これで不眠の解決や、日中の眠気を解決する手段が出てくるかもしれないですね。ただ、何よりもあれば良いなと思うのは、短時間で必要な睡眠を取れるという手段ですね。
「情報伝達に伴ってたんぱく質群でリン酸化が進行し、リン酸基でいっぱいになったたんぱく質群は情報を伝えづらくなる。これが眠気の正体ではないか」
永遠に眠りにつく方法は別にある。
常にリン酸化…眠いけど頑張っていきましょう!
夜更かしの朝寝坊でしたが、30代中盤から10年くらい平均睡眠時間が5時間くらいしか取れていなかった。過去は後悔しない主義だが、この生活習慣は後悔してることの一つ。みんなきちんと寝てください。
「眠気の正体ついに判明 神経細胞のたんぱく質が変化」
眠くなるとシナプスにあるたんぱく質がリン酸化して情報伝達が行われにくくなると。この仕組みを応用して不眠症や覚醒度の低くなる障害や感覚過敏の人の治療に使えればいいな
これって「寝だめ」がそれまでの睡眠不足を取り戻すという意味で可能だということですよね
おい。俺の神経細胞はいつまでリン酸化してんだ。
神経細胞のたんぱく質が変化:朝日


起きている間に神経細胞の80種のたんぱく質群が「リン酸化」と呼ばれる現象が進んだときに眠くなり、眠ると元に戻る。
これで完全に眠気とオサラバできる何かが誕生したりすんのかな
眠くなくなる日が来るのか
正解するカドのサンサが作れるようになるのか?
「柳沢さんは「情報伝達に伴ってたんぱく質群でリン酸化が進行し、リン酸基でいっぱいになったたんぱく質群は情報を伝えづらくなる。これが眠気の正体ではないか」という」
早く眠気をコントロールできるようになってほしい
「柳沢正史機構長」の横溝正史感
マジで!?
昔はセロトニン説とかあったのが懐かしい :
こころがリンちゃんで溢れると眠くなる…ふむふむ。レンくんが増えるとどうなるのだろう…
原著読みたい!
眠気の正体は、神経細胞の80種のたんぱく質群の変化というものらしいので、超究武神覇斬かましてくる。
“このたんぱく質群は起きている間は「リン酸化」と呼ばれる現象が進み、眠ると元に戻る。この現象が神経細胞の疲弊と回復に関わっているらしい。” /
脳神経細胞がリン酸化してきたのでそろそろ寝ます
この現象を一時的に止められれば大事な時に眠くならなくなると……
これは睡眠圧縮剤開発への大きな一歩。
なるほどわからん。
すごい発見だ。あまり寝ない人は、回復が早いのか、疲労しにくいのかどっちなんだろう /
瞑想してると眠気にも2種類ある気がする。疲れによるものと怠けによるもの。前者は寝ないと解消しないが、後者は眠気とタグ付けすると意外とおさまる。このへんの科学的解明がされてほしいわ /  神経細胞のたんぱ…”
これすごい発見やん!!
そしてリン酸化したタンパクを退ける薬が発明され、不眠不休の職場が完成…!!
リン酸化が原因らしいから、フォスファターゼ頭に打ちこも?
わたしの大学時代の悩みのタネがついに。
リン酸化なのか!なのかー!
待機だけどもう眠い
さらっと書いてるけど、「遺伝的に睡眠時間の長いマウスを作成」って凄い話やな、、、
「眠気の正体は神経細胞の80種のたんぱく質群の変化であることを、筑波大などのグループがマウスの実験で突き止めた。」
ヤバイ薬への第一歩キタ
俺の頭はPで一杯
すごいね。「よく眠る薬」も「寝なくてもOKな薬」を作れるようになるかもね。 / (朝日新聞デジタル)
眠気覚ましの特効薬来るかこれ、、!
もしやと思えばやはり柳沢先生。|
うおおおおお! /
仮に眠気の正体とされるリン酸化を阻害し続けると、どうなるのだろうか?
むしろ今まで解明されてなかったのか
強制的にタンパク質をもとに戻すドリンク剤が出るな・・・(社畜脳)
凄いじゃないですか。
なるほど…、確かに最近タンパク質とってないやww
問題はその次にある。
ほほー…。これは興味深い…。
「眠気の正体」
マウスの実験で神経細胞のリン酸化が眠気の正体であるとの研究が発表されたようです。今後、この研究結果をどのように臨床に活かして行くかが楽しみです。
朝日新聞デジタル
最近まともに寝られない。ストレス酷すぎ。→
「眠気の正体」判明

すると夢ってやつは、大掃除にて忘れかけていた品を発見し、掃除そっちのけで思い出に耽っちゃう現象と似たようなものか。
イラストの「P」が増えると眠くなる、か。 / 神経細胞のたんぱく質が変化(朝日新聞)
眠りの大切さが改めて解る発見だなあ。神経の回復を助け眠る必要がなくなる薬とかそのうちできそう。
睡眠はまだまだわからないことだらけ。 Link:
そうか、これが最近の僕の体内には充満してるんだ。悪いのはたんぱく質だったんだよ!>帰国以来マジめっさ眠い
これは意義深い
眠気がポンっと飛ぶ薬が将来出たりして
ほう
眠気は神経細胞のたんぱく質で起こる
リン酸化と呼ばれる現象が進み、眠ると元に戻る。この現象が神経細胞の疲弊と回復に関わっている。
電池が酸化反応で動いているような感じだろうかね?ある種の「電池切れ」だろうか?
このタンパク質の変異をどうにか出来れば、過眠とかの睡眠障害や慢性疲労症候群の疲労がましになるかもしれない!
副作用のない眠気をふせぐ薬があったらいいんだけど、無理だろうなあ /
眠気、とは違うような。
伝達が弱くなるのは判るんだが。
なぜかこの図をナマズオに空目したんだけど疲れてるのかもしれない。
寝だめができない理由がわかった。寝ると溜まるんじゃなくて無くなるのね。
ほお。完全に眠気を断てる薬とかも作れるようになるのかな。
神経細胞のたんぱく質群が変化する
つまりどうすればシャキッとなるってばよ? /
これで最強の睡眠薬、あるいは覚醒剤が開発できる
Pでいっぱいになるって表現かわいい( ・ω・)
これ眠らなくて良くなるかも?だし眠れない人にも良いニュース
これ随分前からあった説だと思うのだが、検証出来たってことかな。
眠気の正体が判明したら、眠気を押さえる新手の「覚せい剤」が開発され、長時間労働や依存症が増える悪い未来が頭に浮かんだ。
なに、不眠の時代が来るのか?
眠気の細胞レベルのメカニズムが解明されても一個人としてそれをコントロールできないのが悲しい 苦笑
不眠の治療が飛躍的に向上しそうな反面、薬を飲めば徹夜も余裕だという錯覚からの死亡事故に繋がるフラグでもあるかもなあ…
今ある睡眠薬は気絶しているようなものなのかな?
いずれにせよ副作用がないような薬が出るといいですね〜
いろんな事がわかっていく世の中!情報って大事!!
誰かぼくのリン酸基どかして
過眠症等の治療に一石投じるような研究結果。でも、患者の少ない病気の薬はなあ…
睡魔はドライバーの大敵。
そうかそうだったのか。だから眠いのか。(=_=)
ほー。リン酸を操れれば眠りを支配できそうやな!
へぇ。面白い。

言葉の尻だけど、眠気じゃなくて睡眠欲じゃないだろうか。眠気はいっぺんに覚めることがあるけど、リン酸化がいっぺんに戻るとは思えない。
心トレの時、眠気を感じたら
「脳内タンパク質のリン酸化」と
ラベリングすると効果あるかも?
試してみます!
神経細胞のリン酸化が進んでちょっと体調悪いんでお休みいただきます //
私の脳味噌は年がら年中、異常にリン酸基で満たされてるのでは…?!(割りとマジで)
>柳沢さんは「情報伝達に伴ってたんぱく質群でリン酸化が進行し、リン酸基でいっぱいになったたんぱく質群は情報を伝えづらくなる。これが眠気の正体ではないか」という。
研究が進めば24時間人間は活動できるのか?
「眠気の正体」ついに判明、神経細胞のたんぱく質が変化=筑波大などのグループ
眠ると元に戻る、のはどうして?
僕の催眠物質は「退屈な本」とか「猫とまったり」というのもあるけれどね。:
眠気の正体はわかりませんが隠れリップルは見つけました!
"同大国際統合睡眠医科学研究機構の柳沢正史機構長ら" 筑波大学
なるほど?\\
続きが読みたい /
この結果から、日本人は眠くならない薬を求め、他国は眠くなる薬を求めた。 /
ほー。寝ないと元に戻らないのか。寝なきゃ。
「情報伝達に伴ってたんぱく質群でリン酸化が進行し、リン酸基でいっぱいになったたんぱく質群は情報を伝えづらくなる。これが眠気の正体ではないか」

いずれ、薬物でこれを解消し、眠らせずに働かせるという気配がしないでもない。 /
寝ずに済むようになりたい
> ストレスに関係なく遺伝的に睡眠時間が長いマウスを作製。
私のことですか
このたんぱく質群は起きている間は「リン酸化」と呼ばれる現象が進み、眠ると元に戻る。この現象が神経細胞の疲弊と回復に関わっているらしい。
ワールドカップじゃなかったんだw…
"起きている間は「リン酸化」と呼ばれる現象が進み、眠ると元に戻る。この現象が神経細胞の疲弊と回復に関わっているらしい"

お!これは世紀の大発見か?(^^)
しかも柳沢さんじゃないか。
眠気の正体判明
はえ〜、今まで判明してなかったのか
ランチ食べると急速にリン酸化が進むのかな?
リン酸基がいっぱい結合した状態で仕事しないようにしましょー / (1 user)
以上

記事本文: 「眠気の正体」ついに判明 神経細胞のたんぱく質が変化:朝日新聞デジタル

関連記事