TOP > 社会 > 無給の部活動、泣く泣く担当 ホカ弁生活の先生「異常」:朝日新聞デジタル

無給の部活動、泣く泣く担当 ホカ弁生活の先生「異常」:朝日新聞デジタル

21コメント 登録日時:2018-06-24 05:28 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 朝日新聞デジタルのアンケートでは、先生の忙しさの要因として部活動を挙げる声が多数寄せられました。「悪者」にされてしまうこともある部活動ですが、どのような変化が求められているのでしょうか。外部人材の導…...

Twitterのコメント(21)

まぁこういうこと

 解消されない長年の苦悩:朝日新聞デジタル
解消されない長年の苦悩:朝日新聞デジタル
学校の先生こそブラック(汗 よくよく思えば休みの日に部活の試合とか、それが休日だと考えると、びびる! 自分はできん。
教職員の働き方改革の課題として部活動があるが、部活動を取り巻く状況に変化が生じているのも事実である。地域の指導者の活用という点も必要だが、一方で教育の観点をどう担保できるのかも課題。対応は必要だが、慎重な議論も必要となる。
#アカヒ / (朝日新聞デジタル)
部活もそうだけど、そもそも学校がもういらないんだと思います。 / (朝日新聞デジタル)
生徒に理不尽に耐える教育をしてるから自分たちも理不尽におかしいと言えないんではないか。ただこういうのの是正のために公務員には地位が保障され日教組があるのではないのか。生徒には保障も自由もないけど。
なぜ破綻寸前の部活制度が、職員室で話題に上がらない? 上げられないのか? 上げたくないのか? 上げる度胸もないのか?
先生も大変、生徒も大変・・・(;´Д`)
もう、考え直した方がいいよ。
今年から一応施行されてるけど、なんか先生によってはめっちゃイヤイヤ感が半端ない。

え?あんたらの為でもあんねんで?
まず先生の働き方改革をしろよ!
ホカ弁生活の先生「異常」・・・‼️

いやいや、
教員の部活動は止めるべき!
経験のない指導者より
外部からボランティアで
探すのがベターです!
高齢者が沢山います (笑)
元々高い志をもって教員になった先輩や同期も、あまりの忙しさや余裕のなさに疲弊しています

思い描いていた自分の理想の教授像と現実とのギャップに...
ある意味ボランティア。だが、ボランティア自体がそうだが、本業を疎かにするわけにはいかないので、そこで各方面の様々な対応が求められる。だが、見て見ぬふりや押しつけがまかり通る組織では、最終的にすべてが終わる。
みなさまからお寄せ頂いたアンケートの声、フォーラム面でまとめています→
朝日新聞なら高校野球関連の情報がたくさんあると思うのですが…。 /
地域のスポーツクラブや町クラブとの連動が必要。これをきっかけに学校のグラウンドを広く開放すべき。
以上

記事本文: 無給の部活動、泣く泣く担当 ホカ弁生活の先生「異常」:朝日新聞デジタル

関連記事