TOP > 社会 > 日立、英原発2年先送りを提案 資金集め難航:朝日新聞デジタル

日立、英原発2年先送りを提案 資金集め難航:朝日新聞デジタル

 日立製作所が、英国で計画する原発の運転開始の目標を2年ほど遅らせて2027年とする案を関係者に伝えた。事業に必要な資金集めが難航しており、設計や建設を引き受ける企業の間で分担の見直しも始まっている。…...

ツイッターのコメント(26)

《英国は洋上風力発電が進んでいる地域、あえてコスト増などリスクが見込まれる原発を推進するのはどうなのか。》
資金集めなくていいから。今やクリーネネルギーに転換するのが、時代の趨勢でしょ。
無理な計画はそのまま消滅する事を祈ります………
とっとと諦めろ。
【 】
当たり前、国策やめろよ。
え、、アンガルシーって、北ウェールズの?んだら、そことヒンクリーポイントのを日立さんでやってもらえませんかのぉ...
ほんとひで / (朝日新聞デジタル)
朝日新聞 2018年5月20日(日)07時07分
採算もあわない、危険性も高い。そんな原発より、安全で持続性の高い発電を目指したらどうなのだろう。
原発を推進する国はどれも核兵器保有国か、その国の支援を受けた国。日本だけが例外ということは、やはり核兵器保有の意志があると見るのがまっとうな判断。
設計や建設を引き受ける企業の間で分担の見直しも始まっている。事業の継続そのものも不透明感が増している。
建設費が当初の予定額の1.5~2倍に達する。原発が事業として成り立たないことが分かって来たのに…。→
安全対策を取った原発1基5兆ぐらいかかるり、
寿命が30年しかないのに、
採算取れるのかな!
朝日記事。日立が英国の新規原発計画のスケジュールの2年先送りを検討。巨額の建設費に加え、完成後の電力価格の採算性も疑問な中、断念はしたくないので先送りか。まあ英政府にとってもそのほうがありがたいでしょうな。
このまま突き進めば、東芝と同様日立の経営も傾くだろう。原発はシャブ。少数の利権だけ。時代遅れのエネルギーだ。兵器関連産業としては健在だが。「 資金集め難航」朝日新聞デジタル2018年5月20日
そもそもどういう計画だったんだい?
日立は国民の税金をあてにした事業なんてやるんじゃねーよ。
日立だって本当はやりたくないんだろうな。
そろそろ諦めムードになってきたか。>
本音では、辞めたいんじゃないかな。こんなハイリスクな事業ないから。
首相官邸の今井尚哉主導で、海外の原発に政府補償なんてつけるから、こんなリスクだらけのプロジェクトが進んじまう。事故ったらどんだけの賠償請求来るかわからんし、賠償回避できても日本が恨まれる。原発輸出はやめろやボケ
やる気があるのかないのか・・・
「日立以外の日本企業による出資のための借金には日本政府の保証がつく方向だが、金融機関は安全対策費の高騰などによる損失拡大を懸念している。」【 資金集め難航】:朝日新聞デジタル
原発はいらない。原子力エネルギーの研究は必要。
処理方法とかをどうするかちゃんと考えないと。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR