TOP > 社会 > ペットボトルが奏でる驚きの響き 日用品で音楽ユニット:朝日新聞デジタル

ペットボトルが奏でる驚きの響き 日用品で音楽ユニット:朝日新聞デジタル

 茶わん、おけ、フライパン……。身の回りの日用品を楽器にして音楽を奏でるユニットが、名古屋を拠点に全国で活動している。このほど、ペットボトルを使った新しい楽器を創作。透き通った音を出す不思議な楽器だ。...

ツイッターのコメント(16)

ペットボトルからこんなに綺麗な音が出るなんて。
これ、意外。なかなかいい音
これいい!その上、うちの検出器に似ている。:
楽しいねー、見事だねー!
空気圧で響きが変わるの面白い♪
なるほどなぁ
■ペットボトルが奏でる音にびっくり 日用品を駆使する音楽ユニット
こんな澄んだ音がするとは、知りませんでした。「コカ・コーラの1.5リットル入りのペットボトル。この形でしかこの音が出ない」のだそうです。楽しい動画つき。
おもろいもんつくったなぁ^^
【これはスゴイ】 「自転車のタイヤ・バルブ・ペットボトルに、空気入れで空気を入れる・空気量が多いほど高い音が出せ、24本で2オクターブの音階を出すことが可能」
でらおもろい。
圧縮した空気で音が高くなるのは、な・ぜ・だっ・け?
これ、完成度を高めればコカ・コーラがスポンサーにつくと思う。
いい音だ!ペットボトル / “ 動画:朝日新聞デジタル”
#fmi_posh あとペットボトルや桶なんかもいいですね。食器とかね。
廃材、くず鉄で楽器作ってるひともいたな。
めちゃ面白い。子どものころ、箸でドラムのマネしてたら、行儀悪いってよく注意されたなあ😎
あまりに調律が難しいと、音源として録音し、音程なんかはPCで操作ってなことになる気がする。/
 日用品で音楽ユニット:朝日新聞
自転車のバルブやホイールを使っているのが面白い(名古屋から)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR