豆腐よう「放射性廃棄物の味」 英語教科書の訂正を申請 - 沖縄:朝日新聞デジタル

 今年の教科書検定を通った高校英語の教科書に、沖縄県の伝統的な発酵料理「豆腐よう」を食べた英国人の感想として、放射性廃棄物に例える内容があることが分かった。検定意見はつかなかったが、沖縄で批判が起き、...

ツイッターのコメント(28)

こんなツイッターみたいな冗談通るんだ
さすがエゲレス人
ゲテモノ喰いとは知っていたがまさか放射性廃棄物の味も知っていたとは…
恐るべし!
刺激的なものとかに対して「核のようだ!」って例えはたまに見るね。一口でいけばそりゃね。
さすがにこれは「放射性廃棄物食べたことあるの?」って聞きたくなる
解釈の自由(誤解の自由)を恐れず言えば、「豆腐ようを塊で食べたらそりゃショックよね」くらい返せるコでないと、英語学ぶ必要ないと思う
ブルーチーズと放射性廃棄物で朝から草生えた
(なんとか表現しようとしたかも)少しずつ食べるものとは知らず一気に口に入れ...「口が焼けるようだった。まるで、ロックフォール(ブルーチーズの一種)と核廃棄物をかけ合わせたものを食べたようだったが...」 / “豆腐よう「放射性…”
糞便をかけあわせたような…ってより酷い表現を平気で載せっぱなしにする感性、汚物臭…じゃなくてネトウヨ臭がする(単純鬼畜的基地反対の沖縄貶め)、
アベへの忖度か?
反核から好核が御意と見ての
これは酷い。
というか、正気か?
お詫びと訂正だけじゃすまされない。
教科書を作る資格もないし、書籍を発行する資格もない。   英語教科書の訂正を申請 - 沖縄:朝日新聞デジタル
こんなことあるのかな。nuclearが「すげーやばいやつ!」の形容表現とかで使われてるならまだしも。英語圏の人に聞いてみたい。ニュースの取り上げ方、和訳の仕方がメディアによって結構違う。
 
PR
PR