大臣への報告資料、ほぼ黒塗り開示 野村不動産特別指導:朝日新聞デジタル

 男性社員が過労自殺した野村不動産に対する厚生労働省東京労働局の特別指導を巡り、厚労省は28日、特別指導の前に加藤勝信厚労相が報告を受けた際の資料を衆院厚労委員会の理事会に提出した。昨年12月25日の...

ツイッターのコメント(22)

黒塗りのところが犯罪の証拠。
やましくなければ黒塗りにしない。
今の政府ならこの資料も改ざんされてる可能性あるけどな。
3/28朝日: 野村不動産特別指導
「昨年12月25日の特別指導の時点で加藤氏が過労自殺を知っていたかどうかが焦点になっているが、開示された資料は大半が黒塗りだった」
まずは隠して、野党に批判をさせて、時間をかけながら少しづつ出す。そして最後に、野党のせいで重要案件が審議できなかった、国会が空転したと非難する。ここまでが安部自民党のテンプレ。 / “ 野村不動産…”
何が問題なのかわからないんですが?
もう隠したもん勝ちやな
疑獄の解決に近づけるのに必要なのは、
証人喚問という政治ショーではなく、
そもそも請求をするまでもなく開示されているべき情報公開。
日本では情報開示が何のための制度なのかを学ぶ機会が少ないです。欧米では全面開示からどこを黒塗りにするかを考えますが、日本だと全体の不開示からスタートして、どこを開示せざるを得ないかという順序で考えている組織が多いと思います。
多分これの繰り返しになる。野党は憶測で行動。公開文書が黒塗りなんて昔からあっただろ。
 
PR
PR