TOP > 社会 > 辺野古のサンゴ、月内移植に異論 研究者「繁殖に影響」 - 沖縄:朝日新聞デジタル

辺野古のサンゴ、月内移植に異論 研究者「繁殖に影響」 - 沖縄:朝日新聞デジタル

 沖縄県名護市辺野古の米軍基地建設で、埋め立て工事のため国が計画するサンゴ移植について「今の時期は繁殖に影響する」と反対する意見が研究者から出ている。防衛省は「繁殖の時期を避けるべき」だと明記された沖...

ツイッターのコメント(16)

@Tas_001 @hiroyuki_ni
>マニュアルの元になった論文の著者でもある研究者は「防衛省は論文を>曲解している」とする文書を県に提出した。
編集委員・野上隆生 2018年4月25日15時57分
他にもありますが、とりあえず誤用もしくは曲解に関する記事はこちらです。
昨年4月のニュース
@shin919infinity サンゴの移植は実際に進んでいますよ。
サンゴ移植のプランはあるのか。しかし定着するのかねぇ。
昨年の記事より。
サンゴの生物学が専門の大久保奈弥・東京経済大准教授によると、3~4月は生殖細胞が成長し、サンゴは「臨月」を迎えている。この時期に移植でストレスを加えると、産まれる子どもの数が大幅に減ることが確認されている。(引用)
サンゴの移植は、多分、この辺のはなし。
オキナワハマサンゴとヒメサンゴ 
でサイズもずいぶんと小さい。
沖縄県名護市辺野古の米軍基地建設で、埋め立て工事のため国が計画するサンゴ移植について「今の時期は繁殖に影響する」と反対する意見が研究者から出ている。
「移植には県の規則で知事の特別採捕許可が必要」だから知事が知らずに移植はあり得ない。安倍晋三の「珊瑚は移植」の大ウソはあきらか →
日曜討論で安倍総理が辺野古の稀少サンゴは移植したと言っていたそうだが、この記事によると県に許可をもらわないとできないことだそうな。なのに沖縄県知事のデニーさんは移植されてないとツイッターに書いている。
また役人さんが死ぬ案件になってしまうのだろうか?
首相のホラに付き合うことはないよ。
振り返っておこう〃
@asuka_SGP 首相がどのような方法、時期で行ったかは不明確ですが、このような記事が見つかりました。ご参照ください。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR