食費ためて参考書買った仮面浪人の日々 水野良樹さん:朝日新聞デジタル

 午前4時から9時まで、地元・神奈川県の海老名サービスエリアでアルバイト。その後、東京都内の大学に行って授業を受け、夕方から予備校の授業、そして帰宅後は夜まで勉強――。18歳の時、そんな生活を送ってい...

ツイッターのコメント(15)

『今が幸せかどうかも大事だけれど、それで人生は決まらないということ。いっぱい悔しがってもいいけれど、絶望はしなくていい。そして、今精いっぱいやることは、無駄じゃない。』

🥲
つらすぎる
昨年の「受験する君へ」初回。1年経っても、メッセージの強さ、温かさがじんわりと広がります。(圓)→
元いきものがかり。水野さん。一橋大学卒。秀才ですね。すごい!
谷まりあさん、妥協出来ずどうしても早稲田大に行きたいと一浪した話を新聞で読んだ。
先週水野良樹さんもどうしても一橋大に行きたいと仮面浪人したと読んだ。

目標に向かって努力して勝ち取る人はカッコ良い。
いきものがかりの水野さんも代ゼミに来ていただいてたんですね。一橋大学社会学部卒。
落ちて厚高来たのか…
面識はないけど、同じ大学の同級生の水野良樹氏。名前がヨシオとヨシキで近いので健康診断で顔をなんとなく覚えていたら、いつしか「いきものがかり」で大活躍。浪人時代、本当に苦労されていたのですね。
そうだったのか。えらいなあ。
地区のトップ校に通ってたけど、ここも遠いところから通う子はいるんだよね。第一志望って湘南高校だったのかな?
受験は、必死に頑張った分だけ、点数で返ってくる。それってフェアだと思う。
阪大に追加合格した人かな?と思ったら「いきものがかり」の人だった。って一ッ橋?!
「1個100円もしないハンバーガー」って、マクドナルドの当時59円のハンバーガーとか食べながら勉強していたのかな🍔
←いい話なのでみんなにも読んで欲しいです
これ後で見る。
以上
 
PR
PR