創価学会幹部、核禁条約の推進打ち出す ICAN受賞で:朝日新聞デジタル

 国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(I〈アイ〉CAN〈キャン〉)のノーベル平和賞受賞に関連し、創価学会の寺崎広嗣副会長が12日、オスロで記者会見した。核兵器禁止条約について「発効を目指して当面...

ツイッターのコメント(26)

まだ残っていた・・・その記事⬇︎
@amachin888 天野さんが集めた署名は、ノーベル賞受賞会見でICANの川崎さんと並んで公明党に働きかけると豪語した寺崎副会長が受け取るべき!!

寺崎氏は、公明党に対して、「目標に向かっての最大限の知恵を出し、また尽力を期待したいと思う」と述べ、働きかけを強める意向を示した。
支持母体「創価学会」思想と相反する自民党を支援支持する与党公明党。
公明党は核兵器禁止条約の意義は認めつつ署名・批准を政府には求めない。
創価学会は公明党に対して「連立政権の存廃をかけて署名・批准を求めよ」と迫れば良いのに…
核禁条約の隠れた狙い=できもしない理想と、現核保有国の固定化

せめてこれくらいはやってよ。
さて、政教分離へと進むか、それとも自分たちが何者であったかを思い出すか。
公明党は、こころを改めよ。
 
PR
PR