TOP > 社会 > 創価学会幹部、核禁条約の推進打ち出す ICAN受賞で:朝日新聞デジタル

創価学会幹部、核禁条約の推進打ち出す ICAN受賞で:朝日新聞デジタル

 国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(I〈アイ〉CAN〈キャン〉)のノーベル平和賞受賞に関連し、創価学会の寺崎広嗣副会長が12日、オスロで記者会見した。核兵器禁止条約について「発効を目指して当面...

ツイッターのコメント(25)

@amachin888 天野さんが集めた署名は、ノーベル賞受賞会見でICANの川崎さんと並んで公明党に働きかけると豪語した寺崎副会長が受け取るべき!!

寺崎氏は、公明党に対して、「目標に向かっての最大限の知恵を出し、また尽力を期待したいと思う」と述べ、働きかけを強める意向を示した。
支持母体「創価学会」思想と相反する自民党を支援支持する与党公明党。
公明党は核兵器禁止条約の意義は認めつつ署名・批准を政府には求めない。
創価学会は公明党に対して「連立政権の存廃をかけて署名・批准を求めよ」と迫れば良いのに…
核禁条約の隠れた狙い=できもしない理想と、現核保有国の固定化

せめてこれくらいはやってよ。
さて、政教分離へと進むか、それとも自分たちが何者であったかを思い出すか。
公明党は、こころを改めよ。
公明党の姿勢とは一線を画す創価学会員が、声を上げ始めてもおかしくはない。
「日本政府は核禁条約に反対の立場をとり、署名や批准を否定しているが、与党・公明党の支持母体である創価学会の幹部が核禁条約推進の立場を打ち出した」
まあ、ダブルスタンダードで行くんでしょうね。それが多くの人々を傷つけるのに。支援できない。ぐらい言えば信じるけど。
学会には日蓮上人と池田大作氏の教えが生きていたか。
国会前で三色旗を振ってこそ法華経行者だ。

寺崎氏は、授賞式で被爆者のサーロー節子さんが「核兵器は必要悪ではなく絶対悪」と演説したことについて、創価学会の伝統的な方針と一致すると説明
「日本政府は核禁条約に反対の立場をとり、署名や批准を否定しているが、与党・公明党の支持母体である創価学会の幹部が核禁条約推進の立場を打ち出した。」
創価学会、公明党はそろそろ元サヤに戻り、安倍自民に引導を渡す時…
居場所なくなっちゃうから必死だよなー。
良いことを進めよう。
ノーベル平和賞欲しいって顔に書いてあるような,,,また自公連立に障害物が増えましたねー
カルト教団は口を挟むな!!
そうでなかったら宗教団体を母体としている意味がない。まっとうに進め!
核兵器禁止条約を推進するならアベ政権に参加する公明党支援を打ち切るべき。
池田先生の核兵器禁止条約推進の主張に反する公明党の政策判断は、実際には創価学会執行部の意向で決定した。
お得意の二枚舌で会員をいつまで騙し続けるのか🇷🇴
白々しいわ
備忘録として。 /
;②今回のこの受賞に伴う一連の動きの模様なども仲間として私からも伝えていきたいと述べ、働きかけを強める意向を示した→ ぜひともよろしくお願い申しあげます
安倍晋三は公明党・創価学会票を捨ててまで、トランプにしがみつくのか?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR