TOP > 社会 > あふれる「#自殺募集」、救いの目届かず 座間9人遺体:朝日新聞デジタル

あふれる「#自殺募集」、救いの目届かず 座間9人遺体:朝日新聞デジタル

10コメント 登録日時:2017-11-03 05:51 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 ツイッターに投稿した自殺志願者に次々とメッセージを送りつける――。神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件では、人の目が届きにくいSNSが注目されている。犯行に悪用された可能性もあり、対…...

ツイッターのコメント(10)

【ツイッターに、 座間9人遺体】2017年11月3日
政権批判以外には制裁を加えない、ツイッターは今回の犯行に悪用されており、対策を求める声が出ている。
【ツイッターに、 座間9人遺体】2017年11月3日
政権批判以外には制裁を加えない、ツイッターは今回の犯行に悪用されており、対策を求める声が出ている。
死にたくないけど、死ぬしかない
そんな想いを抱く人がそれなりにいるのが、今の社会
今の社会が想いの存在を否定してはならない
想いは社会から生まれたのだから
「虐待やいじめなど精神的にダメージを受けている子ほど犯罪につけ込まれやすい」
ツイッターはこうした猟奇事件にも使いやすいプラットフォームだと露見したのです。直ちに匿名アカウントの全面禁止と全て削除、1人複数アカウントの禁止をすればよい。
座間9人遺体

”自殺をほのめかすツイッターへの投稿はルール違反だ。ツイッタージャパンによると、こうした投稿を見つけると、同社から専門機関に連絡して投稿者を支援してもらう態勢をとっている”
「だから規制」と言い始めたTVのコメンテーター共、ここぞとばかりに何でも規制してしまいそうな晋理教の恐ろしさが分かってない、不浄役人が利権を見逃すはずもない。/ 溢れる「#自殺募集」、救いの目届かず
SNSが目が届きにくいのが問題なのではなくて、白石が職安法で執行猶予中なのに、警察がマークしてなかったことが問題。
「救いの目」と言うが、単に自殺を思い止まらせるだけでは却って追い込む事に成る。自殺の原因を取り除いて初めて「救い」。そういう視点を持って接しているんだろうか?>
日本社会が嘘だらけでどんどん悪くなってる証拠である!
以上

記事本文: あふれる「#自殺募集」、救いの目届かず 座間9人遺体:朝日新聞デジタル

いま話題の記事