TOP > 社会 > 「トランプさん、誘惑に駆られるな」公明党選対委員長:朝日新聞デジタル

「トランプさん、誘惑に駆られるな」公明党選対委員長:朝日新聞デジタル

23コメント 登録日時:2017-10-08 23:45 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

■斉藤鉄夫・公明党選挙対策委員長(発言録) 日本の安全保障。野党は対話、対話と言っている。しかし、その対話の意味するところは、いま北朝鮮が持っている核兵器、ミサイル、これを認めよう。その代わりこれ以上…...

Twitterのコメント(23)

なに言ってるのこの人?世界で認められた2人のリーダーって....自分たちしか認めてないでしょ。
ちなみにデマと言えば明日公明党の新幹事長に就任する方も昨年の衆院選でデマを流しています(引用記事をご参照のこと)。
当時(もちろん今も)北朝鮮の核保有を容認する野党は存在していません。
@hoshinojikan そうですね....でも、駆け引きの問題になってくるでしょうから、歴史にifは、難問です....。
削減しても、かえって増やされたかも、ということも言えそうですし....。

問題の発言は、こちらです。
韓国と日本が永遠に?よく、わからんが。
公明党、安倍の悪政を支えているのはお前らだろうが、何~にが平和の党だバカヤロウ!!
凄いな、平和の党はどこに行ったわけ?
俺のガラスのハートの永遠のトラウマ斉藤さんにひと言、信心の上からすると「対話出来ない」と決めてかかるあんたらの方が変わらないと相手も変わらないのよ。
ひえ〜〜〜😳
『メリカ、ロシア、中国、韓国、日本が今こそ結束して、最終的に北朝鮮がすべての核、ミサイルを放棄するまで団結して頑張ろう。必死でその5人の団結を保とうと努力しているのは、山口(那津男・公明党)代表と安倍総理だ』
狂気の沙汰だな
今の日本の政党に北朝鮮の核を認めると言う政党は存在しなく、政権与党のトップがデマを飛ばすのは許し難い<
公明党斉藤鉄夫選対委員長、またいい加減なことを。韓国まで勝手に引き合いに出して大丈夫なのか?大体、斉藤鉄夫さん自身、原発マフィアの一員じゃないか(笑)。:
公明党山口代表や公明党議員の発言に違和感を覚えます。
ほう、この考えには納得出来ない

現状を認めた上で、妥協して行くのが政治

素人過ぎる
「アメリカ、ロシア、中国、韓国、日本が今こそ結束して、最終的に北朝鮮がすべての核、ミサイルを放棄するまで団結して頑張ろう。必死でその5人の団結を保とうと努力しているのは、山口(公明党)代表と安倍総理だ」←五人の団結という妄想演説。
「トランプさん誘惑に駆られるな」と公明党の斎藤選対委員長。 てっきり“軍事対応の誘惑に駆られるな”かと思ったら、“対話の誘惑に駆られるな”ですと。“米露中韓日が結束して北朝鮮がすべての核を放棄するまで”って、米露中も核持ってまんがな。
いつから公明党はタカ派戦争容認派になったのかは知らないが、この公明党の選対委員長は軍産複合体の回し者かただの馬鹿。北朝鮮に核兵器を放棄させるかその具体的な方法を伺って見たいものだ。
この人異常過ぎるだろ?!すっかり日本会議の代弁者になった公明党。
核戦争で決着付けるのか?
大した宗教だな!!
こんな記事を見つけました
しかし、この発言の意味するところは、さも野党が核兵器、ミサイル容認の発言をしたかのように見せかけている。実はそういう巧妙な印象操作だ。
と自民党の繰り返し言う圧力とは〈日本国民の犠牲も仕方ないから、とっとと戦争を始めて北朝鮮を国民諸共この世から消してしまえ!〉と言う認識で良いんですよね?
もう自民党公明派でいいんじゃないか?
以上

記事本文: 「トランプさん、誘惑に駆られるな」公明党選対委員長:朝日新聞デジタル