TOP > 社会 > 進む防潮堤建設、高さに戸惑いの声 市担当者からも異論:朝日新聞デジタル

進む防潮堤建設、高さに戸惑いの声 市担当者からも異論:朝日新聞デジタル

26コメント 登録日時:2017-09-12 00:58 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 東日本大震災から11日で6年半を迎えた。岩手、宮城、福島の3県は防潮堤を591カ所(約390キロ)で計画し、9割近くで着工、竣工(しゅんこう)しているが、宮城県気仙沼市などの少なくとも5カ所で住民が…...

Twitterのコメント(26)

これだけ金使えるなら他の納得案は出せたと思う。まぁ、ゼネコンとかが絡んで政治的な要素があるんだろうけど。
「6メートルは高すぎる。海が見えず、危険が増す」。
県と一緒に住民を説得する側の市職員が、県に対して「住民が転出して居なくなってもいいんなら、やれば〜?」と突き放すのだから、よほど怒り心頭に発していたのだろうな。原発がなければ、こんな大袈裟な津波対策にならなかったろうに。
>防潮堤
議論は色々あるだろうが、行政が請求に事を勧めているのは確かぽい/"国の指針より高さは低いが、「避難時間を確保する高さ」という基準を設け"というような賢明な判断を求めたい。 /  市担当者からも異…”
「 市担当者からも異論」
もう報道がほとんどないですが、大きな軌道修正がなされないまま着実に進んでいるようです。大問題です。
気仙沼市本吉町小泉地区の巨大防潮堤が空撮で見える。山の前に巨大防潮堤を造る無駄!
市担当者からも異論⛑
🆕 2017/09/12(昨日)🔥🔥20
5⃣ 5日ぶり
🌋 (2nd/17)
📰
防潮堤は、生活再建のめども立たないうちに一律に計画を進めたことが一番の問題。復旧工事だとアセスもない。意思決定の仕組みを見直すべき。:
市担当者からも異論   巨大堤防建設の発端は、11年6月の中央防災会議専門調査会。数十年~百数十年に1度の津波を防ぐ高さで整備することを決めた。現在、34都道府県で計画を策定、一部で工事が始まっている
まあ行政側は、もう遺体探しするのは嫌だからこうしたんだろうなあ・・・遺体探ししなくて良くなる効果が有るかは知らないけど。>
災害にどう備えるかを、地域の声を無視して進めて意味があるのか。/
東日本大震災から6年半。岩手、宮城、福島の3県は防潮堤を591カ所(約390キロ)で計画し、9割近くで着工、竣工しているが、少なくとも5カ所で住民が反対している。その高さに戸惑い、まちをどう再建していくのか揺れている。
防潮堤
また来るのが前提なのか、誰が一番安心するのか?ツボが曖昧に思える
発想が貧困で幼稚すぎませんか?津波起きたら両脇から海水が入ってくるんじゃないの?
私はこの記事にある「市の担当者」を支持したい。
誰のための防潮堤?

メモ:
「 市担当者からも異論」
 (朝日新聞)
ちなみにこれ決めたのは旧民主党政権なので「またプロ市民が反対してるヨー」と騒ぐバカは民主党に塩を送ってくださいネ❤ オレは難しい問題なのはたしかで、コツコツ合意を取っていくしかないと思う /  …”
手段が目的!?  「植物国家」
実際に形が出来上がってくるといろんな異論が出るものだ /  市担当者からも異論:朝日新聞デジタル”
こんなに醜いものを作ってどうするんだ。それこそ地域が破壊されてしまう、、

’’「青い海を見ながら暮らしたい」と反対する住民に対し、県は必要性を訴えた。’’
市担当者からも異論・・・・いまさらの繰り返し,,,;
いらないって言うんならいいんじゃないの?子孫を含めた万が一の時の安全なんぞよりも、津波でまた流されてもその景色を守りたいんでしょ?老い先短い人達は。
一時避難櫓ぐらいでいいような気もするが。防潮堤ができてしまったのなら、その上に通いやすくする工夫が必要だろう。/
市担当者からも異論 (朝日新聞) 【動画】宮城県気仙沼市で建設が進む防潮堤 沿岸を取り囲むように建設が進む防潮堤=宮城県石巻市清水田浜 [PR] 東日本大震災から11日で6年半を迎えた。岩手、宮…
会も終わりに近づいた頃、意外なところから反論が出た。市の担当者だった。「住民や店を営む人たちが必要ないというのであれば、それを受け入れていいのではないか」
市担当者からも異論: 朝日新聞デジタル 「591カ所(約390キロ)で計画…9割近くで着工、竣工しているが、宮城県気仙沼市などの少なくとも5カ所で住民が反対している」
千年後の為に50年しか持たないコンクリートで防潮堤を作る大いなる無駄と景観破壊。
以上

記事本文: 進む防潮堤建設、高さに戸惑いの声 市担当者からも異論:朝日新聞デジタル

関連記事