TOP > 社会 > 朝日新聞デジタル > 英語、民間テスト...

英語、民間テストで4技能評価 センター試験の後継原案:朝日新聞デジタル

24コメント 登録日時:2017-04-14 07:55 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 大学入試センター試験に代わって2020年度から導入される新テスト「大学入学希望者学力評価テスト」の原案が13日、わかった。英語では、英検のような民間試験を事前に受けさせ、聞く・読む・書く・話すの4技…...

Twitterのコメント(24)

センター試験の英語を廃止し、4技能全てを測る民間試験に移行させるという方向性は良いとして、問題はどの民間試験を採用するか?TOEFLは難しすぎるし、TOEICはビジネス英語偏重。大学受験に相応しい...
「聞く・読む・書く・話すの4技能」そんなん、簡単には身につかんけどな(・o・) 総合格闘技ですら打・投・極の3技能ですからw 全て身に付けるのは至難の業。
「浪人生については別に検討する」
「わかった」ってどういうこと?独自に調査を進めてきた結果のスクープ記事?いつもお上からの情報を垂れ流すだけで、問題点の分析とか批判的考察を加えたりしないのかね?
TOEIC や TOEFL。なるほどね。 →
読んでおきたい。 /
ひょ(そ)うか / “ センター試験の後継原案:朝日新聞デジタル”
センター試験の後継原案:朝日新聞 民間の英語試験を学習指導要領に沿ったものかどうか確認ということ自体無駄な気が。TOEICもTOEFLも大学受験目的ではないし、民間試験に受験側に寄れというのも無理がある。
新しく変わろうとしてるセンター試験について
大学入試センター試験に代わって2020年度から導入される新テスト「大学入学希望者学力評価テスト」の原案がわかりました。英語では、英検のような民間試験を事前に受けさせるなど、大きく変わります。現役であれば今の中学3年からが対象です。
お、新センター試験の情報、ようやく少し出てきた。実施方針は元々29年度初頭に公表予定だったけど、6月公表になったか。近く原案示されるということで要チェック。

>
テストの統計的信頼性を第二言語の運用力(proficiency)テストの専門家が確認して採用を決めるべき。学習指導要領は言語習得の専門家が作ったものではない。
複数回か。悪くはないんだけど、また私立が有利になって親のお金で差がつくなぁ。
公立、もう少し柔軟にしようよ…。 / (朝日新聞デジタル)
御利益がぜんぜんわからん.頭が古いからなのか.
これは良さげですね。日本人の英語力が飛躍的に伸びるかもしれない。 / (朝日新聞デジタル)
CEFRでいいのかね
現行の大学入試センターは加藤陸奥雄の失業対策で作った組織だが漸くその命脈が尽きた。次なる後継試験は民間業者を多用することでの文科官僚天下り先確保で彼等の失業対策に他ならない。
英語、民間テストで4技能評価
「英検、TOEIC,TOEFL」は今後大学受験生にとって今までに増して重要な試験になるようです
大学に採点の負担がある字数の多い国語記述問題は利用が広がらないと判断、センターが民間業者に採点を委託する方式に統一、とな。
英語、民間テストで4技能評価 センター試験の後継原案:朝日新聞デジタル
[朝日] 大学入試センター試験に代わって2020年度から導入される新テスト「大学入学希望者学力評価テスト」の原案が13日、わかった。英語では、英検のような民間試験を事前に受けさせ…
以上

記事本文: 英語、民間テストで4技能評価 センター試験の後継原案:朝日新聞デジタル

関連記事