TOP > 社会 > 「捨てないパン屋」の挑戦 休みも増えて売り上げも維持:朝日新聞デジタル

「捨てないパン屋」の挑戦 休みも増えて売り上げも維持:朝日新聞デジタル

 精魂込めて作ったパンも、売れ残れば捨てる。そんな商売に疑問を持った広島市のパン職人、田村陽至(ようじ)さん(40)は、店を、そして生き方を変えようと決心した。家族や仲間との時間を豊かにするため、「捨…...

ツイッターのコメント(73)

<手をかければかけるほど良いパンが焼けると…でも違った…お客さんは良い素材で作ったおいしいパンを安く買え、働く方も労働時間が半分になる。これは盗みとらないとな、と思った>
良い素材を無駄なく使い
喜ばれて労働時間も減らせる生活に
■「捨てないパン屋」の挑戦…
こだわりを持って試行錯誤してるのが凄い。
考え方も素晴らしい。
精魂込めて作ったパンも、売れ残れば捨てる。
そんな商売に疑問を持った広島市のパン職人、田村陽至さん(40)は、店を、そして生き方を変えようと決心しました。
働き方改革なんて言葉ができる前から試行錯誤して実践してたんだなー。ここまでドラスティックにみんなができなかったとしても。
明日広島行くんだけど、探してみようか。
単に「こだわる視点」が変わっただけの話
新しいお店ができるのは嬉しいけど、フードロスが気になります...
2年前の記事ですが...SDGsを調べてて見つけました。
食品業界だけでなく、すべての働き方に通じる気がしました。
ひとつひとつ、大切にしていきたい✨
広島でパン食べたくなった。
こういうのすごくいいと思う。本当に必要なものだけを作り、自分もお客様も生産者さんも大切にしてる。
週3日7時間だけ働き、パンも捨てない。
それでもって売上は長時間働いていた時と変わらず。
働き方改革やSDGsも実践させるとは。
プロフェッショナルで取り上げられる職人さんよりカッコいい!
日本では、手をかければかけるほど良いパンが焼けると思ってた。でも違った。職人が色々手を加えれば当然、料金に加算されます。だけどグラッガーでは、お客さんは良い素材で作ったおいしいパンを安く買え、働く方も労働時間が半分になる。これは盗みとらないとな、と思った。
「捨てないパン屋」さんの話。昔、読んだ「マイペース酪農」の話も思い出した。
「どれもシンプルなパンで「手抜き」と田村さんは言うが、そうは見えない。15分おきに薪をくべ、石窯でじっくり焼き込む。焼き上がったパンは一つ一つ大事そうに手にとり、丹念に粉をはらう」良い記事だ。食べたい。
これ2年前の記事だけど,“手抜き”というよりは,むしろ,『無駄を排除して,おいしいパン作りに特化した』と言って良いんぢゃないのかな……?

👉
あーこの人ドリアンの!あー!
すこしまえの記事だけれど…

お店のホームページ、ブログもとてもよかった…(^^
広島のパン屋さん。シンプルなパンだが美味しそう。外見はドイツパンに似てる。
@babymilokillape カラスのパン屋さんは、パンの種類を沢山にしましたが…日本のある売れてるパン屋さんは逆に種類を絞って売上を上げたそうです。
食べたい食べたい食べたい、、、
食品廃棄は気になるねぇ。私は基本、料理しないから残り物で生きてたりするし。アレルギーもなくお腹丈夫な人ばっかりだといいねぇ。
こういう取り組みが当たり前に社会にしたい。
素晴らしい働き方。こういうパン屋さんが増えるといいな〜
ものの売れ方も、働き方も変わっていく。自分に余白がないと相手に喜びを届けられない。
「5年後に流行が終わるパンでなく、これまで長年残ってきたパンを受け継いでいきたい。」
いい記事。欧州に学んで品数しぼって、のべ労働時間激減、売上変わらず利益上昇/
長時間働いても楽にならず、修行に。で、4。5時間しか働かずいいパンを作るやり方を知った。。。なるほど
朝から晩まで寝ずに働くような働き方なんてやめて、しっかり休んでしっかり売り上げをあげれるような仕組みにしたほうがいいんですよね |
最高だね!「手をかければかけるほど良いパンが焼けると思ってた。でも職人が色々手を加えれば当然、料金に加算される。お客さんは良い素材で作ったおいしいパンを安く買え、労働時間が半分になる」「捨てないパン屋」*休みも増えて売り上げも維持」⇒
おもしろー!
ここで働いてたバイトのおねぇちゃんはどうしたんだろう?やっぱクビになったのかな?(´・ω・`)
この記事に関連して、
田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」って本がおすすめです。
ゲンダイ記事:先進国イチの怠け者?デマもいい加減にしてほしい。過労自殺の件もスルー?他方、
ステキ✨

もう
一周まわって
また丁寧に大切に
ゆっくり生きる時代✨
これは凄い、個人で外国の営業方法を視察して、自分で考察とスタイルの調整をした上での実験営業は、地に足を踏んだ素晴らしいやり方だと思う
こういう働き方をしたい。
いまの日本の大多数のパン屋さんが直面している問題を、独自の方法で切り抜けた方。尊敬します。
これいいなあ。
奇をてらわないで基本的なものだけ
なんでもそうかもしれない…
とてもいい仕組み。フードロスなくしていきたい。
働き方改革だ。残業100時間とか嘘みたい!
日本では、手をかければかけるほど良いパンが焼けると思ってた。でも違った。
『いただきます』この言葉の意味をもう一度考え直す貴重な想いがあふれる記事に思えた、パンが焼きあがるまでの工程は大地のぬくもりから始まっている。ごちそうさま!
忙しいと心を心を亡くすけど、時間が取れれば心も豊かになる。
そんな生活に日本人も戻さないとね🎵
休みも増えて売り上げも維持:朝日新聞
国から見捨てられても、パンを捨てない挑戦を続けて欲しい(毒。
こういうの面白い/
お客様の利便性を無視する事は出来ないが、顔色ばかり見て商売する必要もない。矢張り作り手が、人間としての幸福を得るのが先だ。
理想や!でもたぶん、昔はみんなこんな感じのええ塩梅やったと思うなー。→
仕事も家庭も、こういうシンプルでいいんだなぁ。
なんでも複雑にしすぎなんだろうな、世の中。
朝日新聞の記事:
ビジネスは、ストーリーや哲学が大切だと考えさせられるお話。 / “ 休みも増えて売り上げも維持:朝日新聞デジタル”
やる事を決めて、それ以外のことはしない的な。
"18平方メートルの小さな店には、日々味わいが変わるパンを楽しみに多くの人が訪れる。売り上げは年2500万円近く。休業前と変わらない。"
素晴らしい。ながく、うまく、いきますように。
良い記事。海外でヒントを得で、日本でアレンジしているところが素晴らしい。
だがパンは、日本とは段違いでおいしかった。「手抜き」なのに、なぜおいしいのか。「材料は入手できるベストのものを使うのがルールなんだ」と教えられた。》
逆転の発想。こういうのケーススタディにすればいいのに。
@dokkoishow1 ちょうどこういう記事が
わたしはどんなはたらきかたをしようか
素晴らしい。/
良い記事。どんなビジネスでもこの視点や考え方は活きるね! -
これはおもしろい!
いつかこんなパン屋さんしたいな
カッコイイ『パン屋さん』✨
めっちゃいい。
捨てないための工夫。すごい!
以上
 

いま話題のニュース

PR