TOP > 社会 > ダウン症のチンパンジー、2例目 京大研究グループ確認:朝日新聞デジタル

ダウン症のチンパンジー、2例目 京大研究グループ確認:朝日新聞デジタル

13コメント 登録日時:2017-02-22 10:53 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 京都大学野生動物研究センターの施設「熊本サンクチュアリ」(熊本県)に、ダウン症のチンパンジーがいることを、平田聡・京大教授(比較認知科学)らのグループが確認した。21日、専門誌プリマーテスに発表した…...

Twitterのコメント(13)

>22番染色体が1本多い3本ある「22トリソミー」と確認。ヒトでは
>21番目の染色体が3本ある「21トリソミー」(通称・ダウン症)にあたるという。
職員に我が子のように可愛がられてる
あらためて、あれは
お前の記憶知識ではなく、来年国王になる福嶌瑞穂配下伊東理恵や木本舞舞のものになるとかやってるし。山崎のときみたいな工作文部科学更生労働防衛
ヒトに近いわね。
へぇ、ヒトのダウン症と同じで先天的な心疾患になるのか
ダウン症のチンパンジー、ツイッターに沢山いるのでは?
カナちゃんにどうぞ、穏やかな愛を♪
※動画がすごくいい!!
京大研究グループ確認 動物の中でも猿系は人間に一番近い存在だしね。
京大研究グループ確認 ダウン症に優しい世界
朝日新聞2/22:京都大学野生動物研究センターの施設「熊本サンクチュアリ」に、ダウン症のチンパンジーがいることを、平田聡・京大教授らのグループが確認した。21日、専門誌プリマーテスに発表した。世界で2例目の報告例という。→
生活の質に配慮して、別のメス1頭と毎月1回、一緒に過ごす時間を設けている。このメスは温和な性格で、カナコも一緒に過ごすのを楽しみにしている様子がうかがえる
以上

記事本文: ダウン症のチンパンジー、2例目 京大研究グループ確認:朝日新聞デジタル

関連記事