TOP > 社会 > 早世の29歳が夢見た名人戦 生き様、今も棋士らの心に:朝日新聞デジタル

早世の29歳が夢見た名人戦 生き様、今も棋士らの心に:朝日新聞デジタル

111コメント 登録日時:2016-05-26 10:52 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

この秋に公開される映画「聖(さとし)の青春」は将棋の名人をめざし、志半ばにして病でたおれた故・村山聖九段の物語だ。村山さんが生きた29年の間に出会い、戦い、支え合った棋士たちとの交流を描いたノンフィクションが原作となっている。村山さんが出場を夢見た名人戦。故郷・広島も対局の舞台となった今年のシリーズには原作にも登場した、ゆかりの深い棋士たちの姿があった。 「怪童」棋士の情熱、今も 羽生名人「生きて...

ツイッターのコメント(111)

村)こちらの記事では、村山聖九段の師匠の森信雄七段や羽生善治九段らのインタビュー動画がご覧いただけます。
村山聖九段の記事、もう少しで配信期間が終了します。今のうちにご覧ください。今回の名人戦第5局の副立会人を務める山崎八段、澤田六段は村山九段の弟弟子です。
記事と動画を見てまた涙が……💦
感動。
観に行くしかないのに…!
観たい!!!!
おもうままにならない身が口惜しや
勝負事には技術だけではなく、どれだけ強い思いを込められるかも大切だ……。「それが分かったことで(最高段位の)『九段』にまで昇ることができた」と思っている。
/早世の29歳が夢見た名人戦
今秋、村山聖さんを描いた映画が公開される。
雑誌や新聞で見る棋譜、そして、NHK杯の対局での強さは心に焼き付いていて、A級順位戦の星取表に休場が並び、逝去が伝えられたときの切なさは忘れられない。
映画「聖の青春」は映画館で号泣する人が続出するやろな。誰もがこう生きたいだろう。

映画たのしみだな/
将棋にかける思いの強さゆえにライバルに対して闘志むき出しの発言をしたり、仲間を殴ったりしたこともあった。それでも森さんの抱く「村山聖像」は「静」:朝日新聞デジタル
村山聖九段に縁深い棋士が、思い出を語っています。9分に及ぶ動画もあります。
「 生き様、今も棋士らの心に」(朝日新聞さんの記事)→

朝日新聞さんのサイトでは棋士インタビュー動画が付いています
羽生四冠、谷川九段、井上九段、木村八段、そして森信雄七段のインタビューです。是非!
村山聖九段の29年間の人生を描いた「聖の青春」は原作も読んで面白かったので、映画も気になる。
見たい >>>
「聖の青春」は小説読んでボロ泣きしました。将棋は全然わからないですが、映画是非観たいです。
以前、原作を読んで号泣した。待ちに待った映画化、本当に楽しみ。
将棋に興味のない人も、村山聖というひとりの人間の生きざまにきっと感動するはず。
この映画は見に行きたいなー
『三月のライオン』の二階堂のモデル。
天才羽生さんの若手時代の互角なライバルで、腎臓の病を抱えると聞くと「3月のライオン」の二階堂君を思い出すなあと思ったら、彼がモデルになっているという話もあるのか。村山棋士は29歳で夭折と聞くと、二階堂君の未来が心配になってきた...
久保先生の逸話に若干泣きそうである。映画楽しみ。
この映画見たいな。生き様にしびれる。 >>
観たらボロ泣きだろうが、絶対に観に行く。
へぇ。映画になるんだ。観たい。
魅力的な棋士の先生方がインタビューで登場されています。将棋を知らない方にも見て欲しい動画
リアル二階堂
聖の青春は、ノンフィクションをよく読むようになったきっかけの本で、内容にも圧倒された。映画化はとても楽しみ。>
知り合いもなったけどネフローゼって辛いからな。心身消耗する将棋は辛かろうて。
村山聖……凄く興味深い人であることは確かですね。
「……2七銀」が最後の言葉とは。

 生き様、今も棋士らの心に(朝日新聞デジタル)
死因は癌だけど、それまでの闘病生活は同じ難病を患う身としては見に行くべきか。
怖いという気持ちも少々ある。
これは凄く深い話し。是非観たい。
……公開されたら観に行くか。
あの本映画化するのか / “ 生き様、今も棋士らの心に:朝日新聞デジタル”
「急逝の29歳が夢見た名人戦」(朝日 2016年5月26日)


Yahoo!トピックスにも取り上げられた記事だが、急逝ではなく早世・夭逝などが正しいのではなかろうか。
【映画化】 「聖の青春」は間違いなく傑作。映画は・・・どうなんでしょう。期待薄。
ぼろぼろ泣きながら読んだ「聖の青春」。村山聖を松山ケンイチがどう演じるのか楽しみでならない。
勝負師というと言葉が違い失礼なのかな。勝ちへ執念が強く全盛期の羽生さんと互角の村山聖プロの映画、絶対観よう。
漫画「聖」をよみはじめたから気になる
えっ、村山さん映画化されるんや。→【 】
3月のライオンの二階堂五段の元ネタの人か。松山ケンイチだし、これは見たい。
今秋映画化!!見に行くっっ
映画は来春公開なのね。これは見に行く。
この映画、とても楽しみにしている。
「主演の松山さんは『村山聖という人間に興味を持ち、好きになって、全身全霊で演技をします』と言ってくれた。映画が楽しみです」


おれも映画が楽しみです。
3月のライオンのあの子思い出す reading
故郷・広島も対局の舞台となった今年のシリーズには原作にも登場した、ゆかりの深い棋士たちの姿があった。
既に原作は読み終えています。
え映画公開楽しみです。
「主演の松山さんは『村山聖という人間に興味を持ち、好きになって、全身全霊で演技をします』と言ってくれた」

もう、この一行だけで泣ける。

-
村山聖さん、すごい棋士でした。
読みながら、熱くなった。
映画、楽しみです。| 朝日
映画ができたら見に行きたいな。
この映画のために20kg増量した松山ケンイチもまたすげぇな //
この映画はぜったい見よう
聖の青春

わたしは漫画で読んで涙した。映画になるという。将棋なので地味に思えるけど、生き様は決して地味でなかった。この映画はわたしも見たいなあ。 /  生き様、今も棋士らの心...
「聖の青春」が映画化。これは見る。楽しみやー
…無念さを考えるととてもツライが、若くともその生き様に敬意を感じる人は確かにいる
以前TVでこの人の話を見た。この映画見てみたい。
<映画、絶対観に行く。
これは凄い。記事を読んでいるだけでもくるものがある。wikipediaも小説みたいだ。自分も持病があるが、これ程の情熱を燃やせられるだろうか。
この人は3月ライオンの主人公のライバルのモデルだろうか
肉丸クン、亡くなってから18年かあ...。
//
伝説の村山聖。亡くなった時の衝撃は今でも忘れられない。松山ケンイチ主演の映画「聖の青春」は絶対に見たい!
「聖の青春」
大崎善生さんの原作が圧倒的に良かったわ。泣いたわ。
このように、図らずも人に影響を与えるような人間になりたいものだね。まだまだ道半ば。精進せねば。
YouTubeで昔のドキュメンタリー見たけど、こんなにドラマチックな人生を送った人はなかなか居ないと思う。
休憩中に読んで泣いてる。。映画楽しみ
映画『聖の青春』楽しみ。師匠を演じるのは誰なんだろうなぁ。
将棋はよう知らんけど「聖の青春」読んでたらこれは涙モノの記事。
映画化されたんだ。
今秋公開の映画「聖の青春」の主人公、故・村山聖九段の思い出を棋士の皆さんが語っている記事です。村山将棋の魅力とは。ぜひお読み下さい。
若くして何かをやり遂げて、さらに上を目指して、惜しまれて無くなる。かっこよいと思う。
羽生善治との張り合ってた頃が懐かしい
羽生さんに6勝7敗凄い。
命を燃やす壮絶な生き様。記憶に残る棋士とはこの人のことだと思う。
映画見に行く!
原作は何度も読んだ。見に行きたい。
ぜひ映画観に行きたいな〜!
この映画は絶対見に行く。
故郷・広島も対局の舞台となった今年のシリーズには原作にも登場した、ゆかりの深い棋士たちの姿があった。
将棋ファンとして聖みにいかな
今の私と同い年で亡くなられたんだな…。
今わしが1番興味をもってる人物様→
以前テレビで見た彼の壮絶な将棋人生が忘れられない 膀胱癌で膀胱摘出、そして再発も、最後まで将棋に命をかけられた姿に感動しました 最期の言葉が「……2七銀」だったとのことです
きっと私は映画の予告編を観ただけで泣く。
>森さんは弟子だった村山さんのパンツを洗濯したり、髪を洗ってあげたりと将棋の師弟という枠には収まらない濃密な関係を築いていた
この映画は絶対見に行きたい。
彼は「名人になったら将棋をやめる」と心に決めていたんだよね。
亡くなられた直後に先崎学現九段(「三月のライオン」監修)が寄せた追悼文に今も強い印象が残っている。


急逝の29歳が夢見た名人戦 生き様、今も棋士らの心に
これは観てみたいよね。
子供と見に行こう・・。
小学生ぐらいの時、将棋をしていて、その時この方の記事を見て夢中になった。
「聖の青春」は素晴らしかったので、期待大です。 /
すごいというより凄まじい棋士だった。
命懸けで対局してた。
原作の漫画も素晴らしかった。

しかしなぜ売国奴松山ケンイチが主演!
松ケンの映画、見たいです。
美化してどうするよ
脇役として散る運命だっただけ
羽生と同世代で、羽生と互角の対戦成績だった、ってことは全く知らなかった。生きてたら・・・だねほんと
病気だったから将棋を始めたということがあるが、それでも「もし村山がネフローゼじゃなかったら」「癌にならなかったら」と思わざるを得ない。 /
聖の青春 わくわくです
この映画を見るのが楽しみだ!V(^_^)V
3月のライオンの二階堂のモデルになってるかも?で知ってるだけなんだけど確かに似てるような。映画気になる~
これはぜひ見たい。大崎 善生著『聖の青春』を読んで泣いたもの。
だいぶ前に本で読んだけど映画になるのか
写真見て「松山ケンイチ太り過ぎだろ、役作りすげー」と思ったらご本人だった。。。ともあれ「聖の青春」は名作、映画化期待してます。/
これを原作にした漫画を床屋で読んで、大泣きした覚えがある■
ネフローゼだっけか。小学生の時のアイドルだった。
村山九段の話が映画になるのか。これは観たい。ponanzaがいくら強くても、それぞれの生き様を伴った人間同士の戦いには勝てないね。
 朝日
将棋のプロはコンピューターのような頭脳を持つ人という印象もありますが、生身の人間の勝負事には、その生き様が色濃く表れ、思いの強さも勝ちを呼び込む。早く見たい映画です→■ 生き様、今も棋士らの心に:朝日新聞
映画は楽しみと不安が半々。いい映画にしてください。原作の村山と羽生の食堂の話が切なくて好き。→
映画版『聖の青春』、秋公開だったのか。楽しみや。
急逝の29歳が夢見た名人戦 生き様、今も棋士らの心に:朝日新聞デジタル
この映画ほんと楽しみ→
羽生名人、谷川九段、師匠の森七段、弟弟子の糸谷八段……。様々な人に故村山聖九段について聞きました。最後の対局の後、木村八段を食事に誘った話は知りませんでした。
村)広島県は、秋に映画が公開となる故村山聖九段の出身地。井上慶太九段や久保利明九段など、村山九段をよく知る人たちに話を聞きました。動画をぜひご覧ください。
以上

記事本文: 早世の29歳が夢見た名人戦 生き様、今も棋士らの心に:朝日新聞デジタル

いま話題の記事