人はめぐりあい、過ちを繰り返す 『ガンダム』で描いた正義なき世界 安彦良和のTHE ORIGIN(前編) | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)

アニメーターにして漫画家のカリスマとして真っ先に思い浮かぶのは、手塚治虫と宮崎駿、そしてこの人だろう。 安彦良和。昨年放映40年を迎えた『機動戦士ガンダム』の生みの親の一人としてあまりに有名だが、『虹...

ツイッターのコメント(51)

約1年前のインタビュー記事…今改めて読むと尚更、非常に興味深い。マジョリティ、マイノリティ故の選民的思考、発言、活動が分断を招いていないか、よくよく考える必要がある。

人はめぐりあい、過ちを繰り返す ORIGIN(前
おもしろ〜(*´ェ`*)
先輩らの政治に対する考え方の方が現実的なので納得がいく。その上で描く物語のほうが面白いと思ってる。
良い記事だった これほどのインテリがアニメを作るんだもの
安達良和、若いころは学生運動家のリーダーだったのは知っていたけど連合赤軍メンバーになった連中と一緒にやってぐらいにガチだったんか。それ故に保守系右派にも懐疑的だけど左派思想家の独善も知ってる訳で、偏らぬバランス感覚で作品を創れるんだろうな。
マンガ日本の古典ってすごい漫画家さんが集まって描かれているんで、この機会に調べてみることにしました。

「三河物語」安彦良和
TV版と比べてORIGINから感じる違和感の正体はこの左翼かぶれの狭窄した思考からきてるからだとよく解る(´・ω・`)
“ショックでした。行き詰まったとはいえまだまだ続くと思っていた「東」があっけなく崩壊し、その後に起きたのは、ユーゴの内戦に代表される、歴史が退行したとしか▶
凄く魅力的な画を作られるレジェンドですよね。こういう画風..素敵ですね! 
#安彦良和
#ガンダム
#レジェンド
#天才
前後編合わせてどうぞ。ガンダムから安彦さんの歴史観等に言及あり、骨太。

この世代がガチガチの左翼だったってのが面白い。
高畑さん、宮さん等とは同じ左翼とは云えないグラデーションのようなものがあるけど。
なんにしてもガンダムは嫌い。
 
PR
PR