TOP > 科学・学問 > 自然と計算機の境界が溶けていく未来に思いを巡らせる 日本科学未来館に落合陽一氏総合監修の新常設展示がオープン | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)

自然と計算機の境界が溶けていく未来に思いを巡らせる 日本科学未来館に落合陽一氏総合監修の新常設展示がオープン | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)

デジタル技術がさらに発達した未来では、私たちは自然と人工物を区別して認識しなくなる(できなくなる)かもしれない——。日本科学未来館(東京都江東区青海)で、人工知能(AI)が生活や社会を変化させようとしている現在、私たちの“認識”がどのように変化していくのかを考えるきっかけになる常設展示が始まった。 総合監修とアートディ......

ツイッターのコメント(18)

すごい!

素敵すぎて、なんかもうよく分からない!!
見てみたいなぁ♪♪
来月or再来月行きます。
💻計算機と自然🌲
明日行く🏃‍♂️楽しみ
子供たちと行きたい。展示の意味を知り、ますます行きたくなった。今月中に有休取れるかな…
全体がお寺や茶室の周りに配置された竹林をイメージしたという銀色の柱をつかって構成されている。(未来館に新しい展示が出来たのですね
ものすごく興味がある。
面白そう
メディアアーティストとしての作品、実際に見たことなかったから行ってみよ
これ行ってみたい!!

| 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)
見たいなぁ。
確かに、当たり前になりすぎたら境界なんて気にしないかもしれない。
「明るい」って言葉に「太陽」「蛍光灯」「LED」とか日常では特に区別しないし…。
📸撮影を担当しました

展示の中に「ぴったり5秒でタイマーを止めるゲーム」というものあるのですが、落合さんがポンっと実演してくださっときに、4.97秒を叩き出し、思わずどよめきがおこりました。
(ちなみに私は5.2秒でした…)
先日行きましたが、何度でも行きたい。
個人的には紀貫之と風鈴の展示がおもしろかった。
600円ぐらいで入れるのでめちゃくちゃ良いです🙋‍♂️
また言葉遊びですかね。区別できるに決まってるだろうが。超絶無駄しか感じない。
>紀貫之と武田信玄と初音ミクが共演している展示もあるが
最近ちらほら見に行ってた人いたのってこれだっけ?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR