チャーリー・ワッツ死去 ローリング・ストーンズが、ロック音楽界が失なおうとしているものとは―― | 朝日新聞デジタルマガジン&[and]

大袈裟ではなく、世界中の無数のロック音楽ファンの胸中には、かつてない不穏な影が湧き上がっているのではないか。去る8月24日(現地時間)、ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが逝去したせ...

ツイッターのコメント(9)

えっチャーリーワッツ亡くなっちゃったの?!

ROllingStonesのドラマーでチャーリーワッツのドラミングはめっちゃ印象に残っているんだ
福島さんコーナー
ストーンズのメンバーが亡くなったのか
📻 アーカイブ
Rストーンズ終焉よりも・・・ROCK時代に一つのピリオドを打った…C・ワッツの死去!! .
最近仕事のツイートしてなかったので、たまには。

川﨑大助さんにチャーリー・ワッツの惜別記事を書いていただきました。ストーンズにとってブルースはバンドの原点であり魂そのもの。その精神を体現し続けたのがワッツだった。そして彼は、メンバーから深く敬愛されていた。
「C・ワッツの死は、単なる有名ミュージシャンの他界というだけではない、より大きな意味を文化史的に持たざるを得ない。今度こそ本当に『ロック音楽の終焉』が始まる、のかもしれない。なぜならば、あのストーンズが、ついにその歩みを止めてしまう――かもしれない――からだ」
ロックや音楽もなかなか大変だね。バディ・ホリー以来、重要なミュージシャンが亡くなるたんびに死んだことにされたり、終わらさせたりしてさ。
なかなか、同感する記事です😃
チャーリー・ワッツ死去 ローリング・ストーンズが、ロック音楽界が失なおうとしているものとは―― オレと同い年なんだよねえ。ストーンズって。
以上
 
PR
PR