TOP > スポーツ > オートポリスでクラス1規定準拠の2020年モデルのホンダNSX-GTがシェイクダウン | スーパーGT | autosport web

オートポリスでクラス1規定準拠の2020年モデルのホンダNSX-GTがシェイクダウン | スーパーGT | autosport web

14コメント 2019-10-15 17:56 | AUTOSPORT webキャッシュ

 10月15日、大分県日田市のオートポリスで、2020年からスーパーGT GT500クラスに採用されるクラス1規定に準拠した、ホンダの新型NSX-GTがシェイクダウンを行った。伊沢拓也、山本尚貴、野尻智紀のという3人がステアリングを握り、午前・午後の2時間のテスト走行初日を無事に終えている。...

ツイッターのコメント(14)

フロントエンジンだから、ノーズが伸びてますね。
| スーパーGT | autosport web
真横から見るとボンネットがちょっと伸ばされてるのが分かりますね。
前方から見たらそこまで違和感はないです(・ω・)
あー、オーポリ貸切のテストってこれか!タイヤメーカーテストかと思ってた。でもミシュランのサポートトラックも来てるんだよなぁ。
おぉ、FRらしいプロポーションになってるよ。
出足は順調と思っていいのだろうか
寧ろバランス良いかも❗😍
ひとまず安心ね
山本は鈴鹿でF1乗ったあとオーポリに移動とは大変だな…😅💦💦笑
やっぱりフロントが長くなりリアが短くなってるっぽいな
これか!見に行きたかったなぁ~
明日からの3日間もテスト走行あるのかな?
違和感ないっつぅかこっちのほうがすきw ミッドの奴はフロントの寸詰まり感が・・・・
真横のショットだと「ああ、フロントにエンジン入ってるねえ」って納得しますわ。
以上
 

いま話題のニュース

PR