TOP > スポーツ > WRC:2022年からハイブリッド導入へ。次期車両レギュレーションをFIAが承認

WRC:2022年からハイブリッド導入へ。次期車両レギュレーションをFIAが承認

14コメント 登録日時:2019-06-15 14:58 | AUTOSPORT webキャッシュ

 FIAは6月14日、フランス・パリでWMSC世界モータースポーツ評議会を開き、この場で2022年から採用するWRC世界ラリー選手権の車両レギュレーション概要が承認され、ハイブリッドシステム導入が正式に認められた。 今回承認された車両レギュレーションは、2022年から5年間有効となるもの。全長など車両サイズは現行規定を踏襲しつつ、市販モデルもしくは"プロトタイプ"のボディシェル...

Twitterのコメント(14)

@kph7rsna 安全性で車体も原価が上がってるからね🤔購入する人の事を考えると…あまり値段も上げられないし…(同じ形にしてコスト削減…)
WRCも速さと安全性を極めた結果…
ほとんど卵型のハッチバックだからね…
4ドアの頃が懐かしいのぉ…👴

そして!2022年…新たな試みが!↓
トヨタのハイブリッド特許の開放が影響している??
の高温寒冷.乾燥多湿.激しい走行衝撃etc.の厳しい環境下でのデータが一度に多く取れるし 現実的な量産にフィードバックできる構想は有益かと
EVモード区間の設置も面白い
WRCでも、ハイブリッドの流れか
F1とは違うシステムになるのかな。 -
ようやくHV化かぁ。
WRC2とか下位クラス向けにも市販HVが使えるようになると面白いかもしれないけれどEV解禁を求める声が大きくなるかもね。
メリットがあまり見えないんだけど、商業的にはやるしかないのかなあ
どうしてもHBにするなら、FCAに頑張ってもらってフェラーリの技術を活かしたランチアの復活を❗
来年のスケジュール決定延期だって。
(オートスポーツweb)

ピュアなレシプロエンジンのカテゴリは残るのかな。
ハイブリッドは歓迎するしコントロールタイヤでも良いけど、タイヤカットは復活してくれへんかなぁ。
「ハイブリッドシステムは導入から3年間は共通のハードウェアとソフトウェア」
3年間は、この部分での優劣は、ないってことか。
F1みたいに、単一メーカーにぶっちぎられては困るってことかな。
クラッシュ時にWECみたいに専門スタッフが必要になるんじゃ?
トヨタ、有利じゃん。実際はそうはならないだろうけど。

《このハイブリッドシステムは「都市部では電気を使って走行し、スペシャルステージ(SS)では電気ブーストとして利用」することが狙い》
以上

記事本文: WRC:2022年からハイブリッド導入へ。次期車両レギュレーションをFIAが承認

関連記事