TOP > エンタメ > 『宝石の国』アニメはこうして作られている!京極尚彦監督が捉える「宝石」の世界とは | アニメイトタイムズ

『宝石の国』アニメはこうして作られている!京極尚彦監督が捉える「宝石」の世界とは | アニメイトタイムズ

28人の個性的な宝石達と彼らを狙う月人達とのバトル、不思議な世界観などで大人気、累計140万部を超える市川春子さん原作の『宝石の国』(講談社『アフタヌーン』連載中)がTVアニメ化し、10月7日より放送スタート!本作で監督を務めるのは『ラブライブ!…...

ツイッターのコメント(23)

宝石の国、有名だけど漫画が(失礼ながら)読みづらくてそこから放置だったんだけど、ふとアニメ見たら綺麗すぎてびっくりした。何この作り方。意味わからん。なにこれ映画クオリティやん。
「喪服モチーフ」なんじゃなくて喪服そのものなのか
このへんから勉強し直さなくちゃと思って数年過ぎちゃったけど »
喪服の話はここだったか
アニメ今見るとすでに懐かしいな
@yoh7686 3Dアニメとしては、宝石の国が一番気に入ってます。ケムリクサは手を抜くところと力を入れるところのバランスが絶妙で、たつき監督の天才的なセンスを感じてしまいます。
宝石の国面白かった。12回の中でCGどんどん良くなるw
原作はまだ読んでないからこれから読もう。
宝石の国アニメはほんとにほんとに素晴らしい。監督さんとか制作スタジオそうだったのか流石だ…
黒沢ともよ氏、宝石の国のオーディションで一人だけ台本を持たずに動きながら演技してたって話ほんと好き
このインタビューにもあるように「悔しさも本気ではなく諦めて」いたフォスが足を失い職を失った現状を諦めず立ち上がったのはまさに約束と成長という感じで素晴らしいシーンだった
>脇を固める皆さんもその雰囲気を壊さずに出してくださって、穴がない、スキがない感じで、演技面でも文句ありません。
これもビデオコンテなんだ / “ | アニメイトタイムズ”
「宝石達が着ているのは喪服なんです」。アニメは全12話っぽい。新エヴァに参加してるオレンジが制作担当。
役者だ。 ”フォス役の黒沢さん、フォスをやるのはこの人しかいないなという雰囲気を持っていて。オーディションの時に1人だけ、台本を見ずに動きながら演技をしていて、もうフォスになっていたんですよね。"
“宝石達が着ているのは喪服”この設定をはじめて知った。モノトーンだなとは思っていたけれど。 / “ | アニメイトタイムズ”
喪服「ぽい」 じゃなくてこんなはっきり名言されてたんだ…
“最終的には観念的なものをおもしろいと思ってもらえたら。”っていうのは流石押井みて業界入った人感ある /
宝石の国、CGどうかなと思ったけど違和感なくて綺麗だった。あとやっぱりあの衣装喪服だったんだね…
「宝石達が着ているのは喪服なんです」
「宝石は全員、プロポーションは基本同じ」
市川先生が監督に語った、宝石たちの服装や体形の設定とか、フォスの性格の設定について語ってるから万が一アニメに興味なくても宝石の国が好きなら絶対に読んで
第一話、美しかったです
宝石たち体型同じってところでァァァァギャフ…ン…という気持ちです
オススメの記事でございます。
「宝石達が着ているのは喪服なんです」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR