TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - ジビエ利用 伸び悩み 政府目標に届かず 豚熱、コロナが逆風 農水省調べ

日本農業新聞 - ジビエ利用 伸び悩み 政府目標に届かず 豚熱、コロナが逆風 農水省調べ

10コメント 2020-09-29 07:26  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(10)

豚熱のウイルス拡散を防ぐため、感染が確認された野生イノシシの発見現場から半径10キロ以内で狩猟したイノシシの流通自粛を自治体に要請。事実上、イノシシ肉を出荷できない状態が続いており、再開の見通しは立っていない。
農水省はジビエの利用について目標より伸び悩んでいると発表した‼️イノシシの豚熱と新型コロナの影響もあるようだ❗ジビエの対策に60億円増やして目標4000tを達成したいとしている❗ジビエの振興で捕獲が増えてかつてのように絶滅した時のジビエ産業が心配ですよね‼️
イノシシとかウマイんだけどねぇ。
人間の都合で害獣∴殺生→食べて供養
ワシ💸💸💸供養😋できん😭
献血にも引っかかる?

そもそも…
美味しかったらガッツリ捕らえて😋
食用に飼育していないから割高は当たり前😵

 農水省調べ(日本農業新聞)
ん~、たしかにシカさんの料理はよく見かけるもんなあ。でも、命をいただいているのに革まではあまり使われていない実情を何とかしたい。

#KLP #キッズ #レザー
ガースーがらみだから予算つっこむんだろうな
@meuxhxc まぁ、野生を食べに行きましょ!
基本的にジビエはリスクが高いからなぁ。だから畜産やってる訳で。
「豚熱の感染確認地域でのイノシシの流通自粛に加え、20年に入ってからは新型コロナウイルス禍で販売が伸び悩んだ」/ 農水省調べ(日本農業新聞)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR