TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 群馬の豚熱 接種継続農場で初 防疫措置が本格化

日本農業新聞 - 群馬の豚熱 接種継続農場で初 防疫措置が本格化

5コメント 2020-09-28 07:04  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(5)

防疫措置が本格化
農業新聞さん豚熱の話題が途切れることがなくずっと続いてますけど終息なんてまだまだ先の話みたいですね……おつらい
「発生した養豚場では、9月上旬から子豚が下痢をするようになり、今月に入ってから約250頭が死亡。25日に養豚場が県に報告し、同県家畜衛生研究所が、ワクチン未接種だった約70日齢の子豚3頭を検査」/ 防疫措置が本格化(日本農業新聞)
関東で国産豚肉が食えなくなるんかなぁ…
 防疫措置が本格化
防疫措置が本格化(日本農業新聞)
日本農業新聞9/28:群馬県高崎市の養豚場で豚熱が発生したことを受け県は27日、約5390頭の殺処分や埋却などの防疫措置を本格化…県内では昨年10月から今年1月までに、全農場で予防的ワクチン接種を開始。今回の発生は接種を継続して行っている農場で全国初となる。→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR