TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - NZ輸送船沈没から1カ月 中国向け“初妊牛5800頭” 背景に牛乳需要拡大

日本農業新聞 - NZ輸送船沈没から1カ月 中国向け“初妊牛5800頭” 背景に牛乳需要拡大

5コメント 2020-09-27 09:11  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(5)

中国人の胃袋が世界の農業を変えて行く。食料の安定は人民の心の安定に直結している。日本の畜産の進むべき道が見えてくる。日本農業新聞 -
NZでは(少なくとも前世紀末の時点で)外国人に牧場の売却はできなかったはずだけど、どういうカラクリなんだ(;´Д`)「中国企業はニュージーランドで乳牛が1万頭を超える巨大牧場を2カ所で買収してきた。」
「中国は酪農の海外投資にも力を入れる。15年までの5年間に、中国企業はニュージーランドで乳牛が1万頭を超える巨大牧場を2カ所で買収してきた。乳製品工場などの買収も進めている」/NZ輸送船沈没から1カ月 中国向け“初妊牛5800頭" 背景に牛乳需要拡大(日本農業新聞)
>遭難した「ガルフ・ライブストック1号」は、コンテナ船から2015年に家畜運搬専用の貨物船に改装された。総トン数は1万1947トン。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR